Wednesday, July 15, 2015

Japanese -- Benjamin Fulford: 13:07:2015

ベンジャミン・フルフォードニュース・・・ 2015年7月13日 
Full scale cyber war erupts in wake of Greek default, Pentagon takes on Khazarian mafia
July 13, 2015

ギリシャ の債務不履行は先週世界中に荒れ狂った大きいサイバー及び情報戦争を引き起こした。この戦争は銀行、防衛産業、大証券市場、テレコム 企業などを巻き込んだ。たとえは7月8日のニューヨーク証券市場、ウオール街新聞、ユナイテッドエアライン、及び幾つかの携帯電話会 社の停止事件は中国とペンタゴンのソースによると、上海証券市場を平和に追い込んだ米国によるサイバー攻撃への中国からの報復だとの ことである。これは予行演習に過ぎない、とはペンタゴンのソースが言うことである。

IMF、ヨーロッパ中央銀行、及びFRB(連邦準備制度)のような機関の管理者がこれらの巨像が部屋の中に押し込められ ているのに、そうはなっていないといくら抗弁しても、これらの機関は破産したのだ。しかし、彼等がギリシャのNOと言う投票結果を無視し、彼等を救うためにギリシャ政府から強奪させないと暴 力でギリシャ政府を脅す、と彼等が言う理由は単純に彼等にはギリシャ或いは彼等自身を生かしておくために必要な資金がないからなの だ。後で更に話をするが、ギリシャの状況は急速に完全な革命へと変容を遂げつつある。

いずれに しても、これらの機関の破産には、公の2000億ドルのBRICSBRICS金融安定化資金の始まりが引き続く。BRICSはギリシャに参加するよう招待をしたが、もちろん、BRICS銀行はギリシャを強奪した犯罪組織である西側の銀行の救済はせず、ギリシャの 人民を助けるだけである。

BRICS銀行に怒りをぶつけられたFRBのカザリアン支配者達は、中国の株式市場への攻撃を仕掛けた、とはペンタゴン のソースが言うことである。これはバブルを破裂させ、政府の介入と株式取引の中断以前の中国の株式価格の40%下落に繋がった。中国 の反撃によってニューヨーク証券交換所が閉鎖された。ペンタゴンのソースによると、これはその後、大きい台風での上海攻撃に繋がり、 上海の直接の破壊と、百万の人民の避難に繋がった。

ペンタゴ ンはオバマ大統領を演じているカザリアンの家庭奴隷である者を月曜日に呼び出し、ベトナムとの軍事的関係を戦略的レベルにまで 上させたと告げた。言い方を変えれば、ベトナム人はアメリカと共同で中国の抑圧を行う、ということだ。ロシアに対して、ロシアとは対 抗しているとの美麗字句にも関わらず、ペンタゴンは既にロシアと共同で中国を線内に確実に留めておく作業をしている。

オバマは 不確実な条件なしに、熊をつつくことを止め、カザリアンマフィアと、将来の的の中国である本来の敵に集中することになった。

中国は南シナ海での軍事設備の建設を中断している ので、ペンタゴンと中国の間は非公式な停戦状態にある。ペンタゴンと中国は今カザリアンの悪漢である真の敵に集中している。

カザリア ンを信用しないとのキャンペーンの一部として、オバマは公にこの政府(カザリアンが支配している国務省分派)がISIS訓練を行っていることを認めざるを得なくなった。オバマは、我々はISISを訓練している。と口を滑らした。

これはイ スラエルとカザリアンの悪漢共に対抗する進行中のペンタゴンの作戦の一部だった。この別の局面では、ペンタゴンと機関ハッカー達が一 般に広められた、偽のISISの首はねビデオを公開した。

カザリア ンの戦争犯罪人であるベンジャミン・ナタニャフも私用電話を盗聴され、彼が直接にISISのテロ活動に関係している情報が漏れ出た。ベンジャミン・ナタニャフの犯罪政 権に取ってもっと恐ろしい事は、イスラエルの軍事システムのハッキングで、それによってイスラエルのパトリオットミサイル防衛網が不 能になった。

しかし、 イランその他のミサイルに対してこの国を丸裸にしているのはイスラエルのシステムのハッキングである。このメッセージは非常に明瞭 で、お前の地域でのトラブルを止めないと、国を破壊するぞということだ。

これに加えて、サウジアラビア政権はペンタゴンと 共同で、全てのブッシュとイスラエルのエージェントの力を奪い、パージを続けている。この熱狂的政権が生き残りのために旗を変えようとし ているので、長い間外相だった、サウド・アル・ファイサル、彼の弟のティクリ、情報長官のバンダール・ブッシュその他多数が解雇されてい る。サウジ・アラビアは、中東での真の保護者を奪う事になる、イランの米国との完全同調を防止しようと絶望的ながら躍起になっている

別の言い 方をすれば、彼等は非常に多くのサウジの王子達が既にこの国を去った理由である、血の革命をおそれているのだ。サウジと他の湾岸専制 国家は、政権交代の時に財産の内のいくらかを守れるようにありったけの銀を購入し、隠匿している。如何にオイルが銀に変換されている かを示すグラフが見られる。

又、JP モルガンとシティーバンクは銀価格の低下を狙って、銀資産(すなわち紙状銀)の大規模な売却を行ってきた。その結果米国のミント銀貨 が品切れになっても紙状銀の価格が高騰した。

別の言い 方をすれば、メガバンクは、スーパーコンピューターを使った銀のような実物世界商品価格の支配能力を失いつつあるということだ。

カザリア ンの銀行システムが前例の無い攻撃に遭っているので、ロックフェラーとブッシュの銀行によるコモディティーへのこの動きに至っている のだ。例えばゴルドマンサックスはギリシャの債務真実委員会によって犯罪組織だとして暴露されている。



このグ ループはゴールドマンサックスや他の銀行が病院の偽の損失を創り出すような事をして、ギリシャ政府の負債額を膨らませてみせたことを 暴き出した。偽のギリシャ負債は今では島、港、ユーティリティーのような真のギリシャ資産の強奪のためのツールとして利用されつつあ る。英国の諜報機関であるMI5、前ゴールドマンサックスの雇用者、今ではヨーロッパ中央銀行の支配人であるマリオ・ドラーギがギリ シャ強奪プランの背後にいる黒幕である。

前ギリ シャ財務省長官のヤニス・ヴァルーファキスが公にゴルドマンサックスを吸血ヴァンパイアだと名指しをする理由をこれによって理解する ことが出来る。

ギリシャ 議会全体とそのファミリーはカザリアンに殺すと脅されるような事態になって、最近の国民投票でのギリシャ国民のEUのギャング共に対 するNO投票を議会が重んじなかった場合には、ギリシャ国民の80%が結果を受け入れないと言う意志を示している。

ペンタゴ ンのソースが言うには、ギリシャではドラクマが既に用いられていて、ギリシャのユーロ圏からの離脱が既に必然になっているとのことで ある。これから起ころうとしていることは、クレジットデフォールトスワップ(ギリシャが債務超過にならないように保証される)による 銀行の破綻である、とこのソースは言う。

JPモル ガンにはもっと大きいトラブルが待ちかまえている、とはペンタゴンソースが言うことである。彼等が言うにはJPモルガンはは実際に発 行された米国政府証券の倍以上の販売をした。別の言い方をすれば、彼等は偽の米国政府証券を、自分達の救済の為に発行したということ だと、このソースは言っている。

ブッシュ /ロックフェラーの日本奴隷政府を発酵させている更なるトラブルがある。先週日本政府の秘密支配委員会が白竜会(WDS)の7兆ドル の予算での将来計画機関の設立提案を拒絶した。彼等はフリーメイソンとイルミナティの干渉のために新機関を始動出来なかった、と 日本の皇族ソースが言っている。

しかし、 日本政府には、満州の強奪黄金の償還金30兆ドルを返還すべきであるという水密の文書が提示された、と中国のソースは言っている。日 本は秋まで金負債の設定延期をしようとしたが、秋以前に設定するように強いられた、とこのソースは言っている。この負債を日本に強制 すれば日本の奴隷政権のロックフェラー、ブッシュ秘密支配者たちを破産させる。これが奴隷首相である、安倍晋三が9月に緊急の乞食 ミッションのために中国に送られる理由なのだ。

最後に、 ロシアのエージェントが先週WDSと連絡を取り、ウクライナのマイダン革命が起きた様子に就いての正確な情報を供与した。この エージェントはマイダン革命軍に学生の振りをして忍び込んだ。彼は米国国務省が運営している前線組織に行けば、若い革命家に無料の食 料と一日あたり25ユーロが支給される、と言っている。

これに加 えて、このエージェントによると、私たちには欲しかった無料のドラッグが与えられた。とのことである。彼によると、ほとんどのマ イダンプロテスターたちは、17歳から25歳の石を持った若者だとのことである。米国国務省がドラッグとお金を与えて、民主的に選出 された政権を倒そうとしていることが明らかだ。
同じカザ リアンの悪漢であるワシントンDCの政権はコンピューターをハッキングし、キディーポーンを送り込んでいることが発見された。この事 から非常に多くの内部告発やその他の二重スパイが児童ポルノを取り扱ったとして詐欺的に逮捕されたわけが分かる。

不法なド ラッグ、金融テロ、キディーポーンや他のトリックの利用をして罪のない人々を逮捕し、99%の人達からお金を盗む政府についてあなた 方はどうするつもりだろうか?答えは明らかであり、私たちには革命が必要だということだ。この革命は、民主主義のゆりかごであるギリ シャで既に始まっているかも知れない。これが世界の闇である、ワシントンDCのハートが浄化され、米共和国が復帰するまで広がること を確かめる必要がある。これがテロリズム、戦争、及び混乱の原因になっている世界の指導部を除去することになるだろう。

Source: Antimatrix.org


Translator: Taki Chino

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democrata

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


The Putin interviews


The Putin Interviews
by Oliver Stone (
FULL VIDEOS) EN/RU/SP/FR/IT/CH


http://tributetoapresident.blogspot.com/2018/07/the-putin-interviews-by-oliver-stone.html




Q




Subtitles in CA/CH/CR/DE/EN/FI/FR/HE/IT/JP/NL/PL/PT/SH/SP/SV/TR

To get the subtitles please click upon the small dented wheel at the bottom right side of the video and choose your language.


FOX NEWS

Followers

Google+ Followers