bf pic

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democrata

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


HELSINKI

FOX NEWS

Wednesday, July 8, 2015

Japanese -- Benjamin Fulford: 06:07:2015

ベンジャミン・フルフォードニュース・・・ 2015年7月6日 ギリシャのNO投票の圧力
Top secret negotiations continue as Greek “No” vote pressures Western oligarchy to surrender
July 6, 2015

西側とア ジアのソースによると、ギリシャの債務不履行とそれに続く、銀行屋への血のお金支払いに対する”NO”投票は進行中の新金融システムに関する交渉に緊急的な意味を追加している、と のことである。同時に、カザリアン暴力団は銀行支配からの必然的な放逐を防ぐ試みの為に、益々無益な脅しと創作テロ事件を起こしてい る。

61%の ギリシャ市民が銀行の無謀な過ちに対する支払いの拒絶を示す投票をしたと言う事実は、この国の市民の過半数が西側の銀行システムの犯 罪的性格を見抜いているということを示している。事実、ギリシャの人々は今マフィオシ銀行ギャンブラーによって課せられた負債に対す る法的な責任はないことを知っているので、払おうとしないだろう。

これは、 カザリアンの銀行システムと米国株式会社として知られている彼らの不法な子会社の破産へと繋がる最初のドミノを無常にも倒すように動 いた。以前にも述べた事があるギリシャの債務不履行はスペイン、ポルトガル、アイルランド、イタリー、フランス、ドイツ、及び米国と 言うドミノが後に続く最初のドミノである。もしもIMFがギリシャに対する貸し付けが不良になったと認めれば、IMF自身が流動性不足であることを認めざるを得ないので、IMFはギリシャの負債支払いを20年間遅らせる呼びかけをするレポートを発行し た。中国やその他のアジア諸国のような世界の主要な債権国はIMFに対する拒否権を揮うワシントンDCという犯罪集団の事実上のツールになっているので、IMFに対してこれ以上の貸し付けを拒絶している。


ワシントンDCのカバール自体が帳 簿を改竄していると言う事実によって明らかなように、ワシントンDCのカバールが破産し ているので、彼らにはIMF或いはヨーロッパ中央銀行の救済が出来ない。彼 らは支払い期限が来ても支払いが出来なかった3月15日以降、負債額を 18.112兆ドルに固定している。

さらに、他のドミノも倒れ始めている。ギリシャに関する騒ぎの間に、もう一つ のアメリカの子会社であるウクライナにおけるナチ政府も債務の返済が出来ず、破産に至ったという事実から世界の注目が逸らされて いる。更に米国の51番目の州として知られている、米国のプエルト・リコ植民地も負債の返済が不能になるだろうと公に言われてい る。

これに就いての新たな要素はこの病弊が破産した米国の最大の債権国である中国 にまで伝染していて、この国は重りを抱える事になっている。中国の株式市場は一般投資家の売りを浴びて先週30%もの下落を演じ た。中国の工業製品を購入する外国のバイヤーがいないので、一般投資家は中国経済は本当は失速していることを直接知っている。中 国の共産党政府も又先週三菱東京UFJ銀行本店に満州国皇帝のファミリーの代表を送 り、数兆ドルの価値がある真性の歴史的債券を現金化して資金を得ようと試みた、と中国政府の担当官は言う。この銀行では、これら の債券の現金化には官僚的な障害があって非常に困難であると担当者に告げられた。終いにはこれらの債券が真性であるにも関わら ず、日本政府と日本の金融システムを破産させる可能性があるからといって、中国と満州の代表は手ぶらで送り返された。

日本の金融システムは米国の破産を延期させるために資金の枯渇に瀕している。 米国への資金貸与は62.4%の日本人が、日本政府による財政苦境の実験中だということを示す最近の調査結果の原因となってい る。

ペンタゴンのソースが言うには、古い金融システムは単純に過去幾年にも亘って 積み上がった債務の返済が出来ないので、ロシアと米国も先週、歴史的な有価証券の現金化に失敗したと言っている。これは戦後にお けるヨーロッパ国家の最初の破産が新金融システムに関する進行中の交渉に新たな緊急性を加える理由だとはこの交渉に携わっている 人達による情報である。

代替の金融システムの確立を目的とする鍵となる交渉の中で白竜会(WDS)の代表は日本の皇族 と日本政府に公式提案を送り、将来計画機関の創立用資金のための7兆ドルを用意するよ うに要求した。日本の皇族と政府高官はこの計画を原則として承認したが、より詳細な説明文書を要求した。これはこのニュースレ ターの報道機関への送付直前の月曜日に送付されてきた。

この提案では将来計画機関(非公式なサポートは既に表明されている)の公式な サポートを得るために、日本政府の代表団が英国、米国、EU本部、ヴァチカン、 モスクワ、アフリカ連合、イスラムコーポレーション、及びその他の権力中枢を訪問すべきと述べられている。

この将来計画機関は予算額がこの惑星の上の全ての男女、子供に年間一人あたり 1000ドルに相当する商品とサービスを供給するのに十分な程、70倍も大きい点で、世 銀及びIMF又はちょうど発足す BIRCS銀行及びアジアイン フラストラクチャー投資銀行(AIIB)とは異なっている。 さらに、BRICS銀行もAIIBも未だにバビロニア の負債奴隷モデルを継承している、カバールのワシントン分派の孤立を助長している。

別の言葉で言えば、彼らは金利を取って資金を貸与し、返済を期待し、或いは担 保を取る。この計画機関は信用に基づいて操業し、返済をもとめず、単に資金が意図、約束通り使用されたかどうかを検証するだけで ある。新たな資金は腐敗した、無能なグループには配布されず、蔓の上で枯れるに任せられる。

この計画機関にとって資金を入手するために必要なことは、政府が政府発行の通貨を用いてそれに対する資金を供給するこ とだけである。もちろん、こうすれば、カザリアンマフィアの独占に近い不換通貨創造に対する支配を終わらせ、従ってバビロニア負債奴 隷政権を終わらせることになる。

これがカ ザリアンからの新たな脅しの山がみられる理由なのだ。ごく最近のものはモサドのエージェントであるサイモン・エリオット(又はエル・ バグダディ)によるエジプトのピラミッドとスフィンクスを爆破するとの脅しをするDEBKAのようなモサド関係のウエブサイトにみられる。先週には又、エジプト軍に対す ISISの振りをしたイスラエルの傭兵による攻撃もあった。

又、種々 の国で世界の大衆を凍えさせ、無関心にさせた過激イスラミスト(すなわち、カザリアン)のせいにする、多くの新たな偽旗大量射撃 事件、街角での劇場イベントが起きた。例えば英国のソースは当記者に英国からの観光客のいわゆるチュニジア人の射撃ももう一つの演劇 だった、と言う。

一方、米 国では、アフリカ系アメリカ人がアフリカ系アメリカ教会の破壊行為を犯し、アフリカ系アメリカ人の殺害を呼びかける人種差別主義的落 書きを残したとして逮捕された。別の言い方をすれば、議会の奴隷であるオバマがそのカザリアンの主人の命令に従い、人種戦争を起こそ うとしたのだ。幸いにも多文化的、多民族的だった米国はもはや多人種の為の豊かな土壌ではないということだ。

イタリーに於けるP2フリーメーソン分派 は先週WDSにメッセージを送 り、ベンジャミン・ネタニヤフには嫌気がさし、疲れたので、可及的速やかに彼を排除する計画を立てた、と知らせてきた。国連によ るこの怪物の戦争犯罪人との決めつけで、彼の残りの日は限られていることが確かである。

米国内のインターネットと電子的インフラストラクチャーに対する組織的な攻撃 の印が益々大きくなってきている。FBIによると、インターネット上で、少なくとも11 件の攻撃が行われ、米国の電子グリッドには最近非常に高度な攻撃が行われたとのことである。

大規模な 爆発又は毒ガスの放出も毎週のように行われていて、アメリカのインフラストラクチャーに対する組織的な攻撃が行われていることを示し ている。攻撃作戦のペースはこれから先の数週間、秋に向かって加速すると予想される。この目的のために先週2500人の高度な訓練を 受けたナチの傭兵がウクライナから不明な理由でコロラドに移送された。これらの傭兵はカザリアン関係の国務省従業員に従い、通常の愛 国的な武装米軍要員ではない。

関連して いる可能性がある進展で、グノーシス派のイルミナティが仕掛ける革命を止めようとの絶望的な試みであるように見えることは、東京小金 井の警察がイルミナティの親分であるアレクサンダー・ロマノフを精神病院に送り込んだことだ。ファミリーのメンバーによれば、この精 神病院で、彼は二ヶ月間強制的に多量の投薬をされた。彼のファミリーの一員が言うには、アレクサンダーは、暴力的に予測できない振る 舞いをし、人々を野球のバットで攻撃した、とのことである。(以前当記者の彼との話しによると)彼はこの暴力の犠牲になったとしか考 えられない。彼の足には、野球のバットでしか付けられない痣が付けられていた。

いずれに しても、グノーシス派のイルミナティのソースが言うには、間もなくイルミナティの代表が日本に来て、彼の代わりになり、反カバール活 動を行うとの事である。WDSは暴力を遺憾に思い、グノーシス派のイルミナティとカバールの間の公平な仲介 役として懸命に行動している。しかし、もしもカバールが記念となるタイプの譲歩を行わないとしたら、暴力、血流、及び混沌とした革命 が起きることが確実である。



Translator: Taki Chino

bruxelles

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

Followers

Google+ Followers