Thursday, February 26, 2015

Japanese -- ベンジャミン・フルフォードニュース 2015年 2月24日




 ベンジャミン・フルフォードニュース 2015 24
Benjamin Fulford: February 24, 2015
CIA put under lockdown by Pentagon to stop nuclear terror but, cabal resistance pockets still remain
Posted by benjamin

午年は先週のかつて見られたことがないバージニア 州ラングレーにあるCIA本部のペンタゴンによる閉鎖という大事件と共に過ぎ去った。CIAに対する奇襲は何よりもまずシオナチによる悪の三個の核爆弾のウクライナへの配備を防止するものだとはペンタゴンのソースの言うことである。さらに、 スターリングラード現在のヴォルゴグラードに向けられた核兵器は、ロシア軍によって押収されたと、このソースが言っている。

CIAの西バージニア本部近くの空港そばで先週爆発があった。USのメディアニュース ではこの爆発は列車の脱線事故によるものとのことだが、この地方の住民が言うにはこれは核爆発だとのことである。詳細は下記。

これについては、CIAでの奇襲から逃れようとした誰かが悲惨な死に至ったと推測するしかない。

CIAでのこの奇襲はアシュトン・カーターが新しい米国の国防省としての宣誓の直後に起きた。カーターはバラク・オバマでは なく副大統領のジョー・バイデンの立ち会いで宣誓したとはまだ誰も知らない。

このペンタゴンのCIAに対する奇襲は2月17日の支払い期限後でも破産を回避して政府をワシントンD.C.で維持するための条件だった、とは中国とヨーロッパのソースからの情報である。テロリストブッシュナチのCIA分派に対するペンタゴンの動きに対応して、米国西海岸の船積み、運送機能の停止も今終了するに至った、とこのソースは 言っている。

ヨーロッパと中国のソースは又200か国が新金融システムと世界平和 に関する合意に至ったと言っている。ドイツとフランスは自分たちの連合と一緒になってBRICS連合に参加した、とこれら両国のソースは言っている。

ギリシャとドイツは暫定的に未払い債務の戦いを延 長し、アンジャラ・メルケルは月始めに予定されていた日本への訪問を延期した。彼女はメシェル・オバマと同時に日本に来る予定だった。


ヨーロッパと中国のソースによると、世界平和と繁 栄に対する今の障害は、米国東海岸のシオナチ及びロンドンとヴァチカンの分派である。

イタリアに於ける世界平和への反対勢力はシオナチ ISISイタリア派と共に協力しているンドランゲタ・マフィオシからなる古いグラディオネットワークに依拠している、とイタリアのP2 リーメーソン分派のMI5ソースは言う。

英国で は、問題はエヴェリン・ド・ロスチャイルドとジェレミー・ヘイウッド、デーヴィッド・キャメロン、及びトニー・ブレアのような彼の召 使いだ、とはMI5のソースの言うことである。英国内部では、この分派に反対する動きがある。下院の情報サービスを管理している強 力な委員会である国防及び安全保障委員会議長のサー・マルコム・リックカインドMP(前外相は、彼のサービスと引き替えに現金を 手渡すというデイリー・テレグラフによるおとり捜査で逮捕された。リフキンはロシアに対して戦争のドラムを鳴らし続けてきたシオナチ の英国分派の一部である。

米国では、シオナチ支配の部門である国内安全保障 省は月以降、資金の目処が立っていない。そこで、今回はソマリアのテロリストによる米国とカナダのショッピングモールに対する脅威のテ ロ攻撃である。

この作戦は前英国首相のトニーブレアが指揮したものだとはMI5 ソースが言っていることである。最近の印では、トニー・ブレア現在セルビアのベルグラードにいるが通常の容疑者を使ってのロン ドン攻撃の背後にいる。グノーシス派のイルミナティのグランドマスターである、アレクサンダー・ロマノフが嵌められ、或いは少なく とも巻き込まれている。

アレクサンダー・ロマノフは先週当記者の家に現 れ、そこいら中を打ち壊し、傷つけた。彼が言うには、彼を逮捕し、精神病院に送り込もうとした20人以上の警察官から逃れるために一晩以 上を費やしたと。彼は今安全だが、コンピューターは破壊され、しばらくの間は身を低くしているだろう。

ロマノフによると、ロシア大統領のウラジミル・プーチンが日本に対す 311の核と津波のテロ攻撃の背後にいる真の親分である、と。しかし、プーチンのこれに対する動機を見付けるのは難しく、我々自身 の調査結果では直接トニー・ブレア、ブッシュ、ロスチャイルド、及び他のカバールファミリーがやったことである。

日本に311どころではないもっと大きいテロ攻撃 を仕掛けるという脅威もあった。最近私の講演会に来た人達が言うには、雑誌エコノミストの新年のオカルト的表紙は日本に対する脅し だったとのことである。

その疑わしい者、私にいわせるとロスチャイルドの エージェントが言うには、この表紙の下部右側には数字115113が書かれていて、これは新たな日本に対する攻撃が11日に行われ るということを意味する、とのことである。この表紙は、下記のサイトに見られる。

この同じエージェントは又、日本の地図から近畿地 方を除去すると日本のフリーメースン本部が示されると言った。雑誌エコノミストはキャドベリー、ロスチャイルド、シュローダー、アグネ リ、及びその他のカバールファミリーが所有している。彼らはあらゆる新しい暴虐を起こすのである。

マイケル・ヴァン・デ・メア、すなわちマイケル・ メリングは当記者に万人の無垢の人達を殺害した日本に対する311の津波と核テロ攻撃はロスチャイルドが新しいアジア金融本部を設置し ようとしていた北朝鮮に東京の人口の内千万人を強制的に移住させるのが目的だった、と言った。これは失敗に終わり、今ではどのファミ リーがこの事件その他の恐ろしいテロ攻撃の背後にいるかが分かっている。彼らには大阪攻撃は許されない。

日本に対する311攻撃を支援した北朝鮮分派は既 にパージされた。カバールの日本に於ける影響は今では非常に小さくなっているので、カバールの手先である、腐敗したサイモン・ウイーゼン タールセンターのラビ・アブラハム・クーパーは、当記者のところにモサドのエージェントを送り込んできて、ラビが多くのリストの内、 一の捨てられた者なのだから、投獄されないようにして欲しいと言ってきた。事実はクーパーは贈賄をし、殺人を犯し、(少なくともブラックメールを送りつけてきたので、多くの仲間と共に監獄送りされるのが当然なのだ。

中国ではカバールとの繋がりがある大金持ちをこの 世界から排除しようとの活発な作戦が行われていることに注目すべきである。中国日報によると、最近、76人の中国の大金持ちが不自然な死 を遂げた。これらの内、17名は自殺し、16人は殺害され、名は事故死し、16名は処刑され、19名は病死平均年齢48歳でした。 残る大金持ちは152名である。
中国政府のソースが言うには、これは毛派のパージ の一部である。毛総統は中国に於ける主要なカバールのエージェントだった。シオナチブッシュ及びその他のシオナチ分派ファミリーとの繋が りがある全ての中国の影響ある者たちは、このパージの目標になっている、とこのソースは言っている。この理由から、シオナチカバールはア ジアでは真に目の覚めるようなテロ攻撃を仕掛ける事は出来そうにない。

彼らはナイロビのウエストフィールドショッピング センターでの最近のテロ攻撃を起こした、テログループ、アル・シャバーブを使って西側のショッピングモールに脅威を与えるだけの規模 に縮小している。このウエストフィールドショッピングセンターはワールドトレードセンターの911で有名なラリー・シルバースタインと緊 密な関係にあるオーストラリアユダヤであるフランク・ロウイーが所有している。シルバースタインとロウイーは911とウエストフィールド 事件後のテロリスト保険で財をなした。

今はこのアル・シャムバーブはこれもロウイー が所有するロンドンのウエストフィールドショッピングセンターを狙っている。彼らが脅しているその他のモールはイランユダヤのカナダに於 けるゲルメツィアンファミリーが所有するモールオブアメリカである。

言うまでもないことだが、ショッピングモールは経済不況からとオンラ イン販売化からの競争激化で所有者の観点からはテロリスト保険詐欺の大きいチャンスなのだ。

そしてもちろん、新たなテロ攻撃は国内安全保障省のシオナチ部門への 資金投与継続の良い言い訳になるのだ。

多いずれにしても、アジアの多くの部分では今週は 休みなので、今のところイベントはあまり起こりそうには無い。


三月にはカバールの背骨を一気に断ち切る作戦が進 行中であり、それが実現する公算が強い。羊年は資金取りもどしの時、羊たちに対する正義の時なのだ。

Translator: Taki Chino

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democrata

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


The Putin interviews


The Putin Interviews
by Oliver Stone (
FULL VIDEOS) EN/RU/SP/FR/IT/CH


http://tributetoapresident.blogspot.com/2018/07/the-putin-interviews-by-oliver-stone.html




Q




Subtitles in CA/CH/CR/DE/EN/FI/FR/HE/IT/JP/NL/PL/PT/SH/SP/SV/TR

To get the subtitles please click upon the small dented wheel at the bottom right side of the video and choose your language.


FOX NEWS

Followers

Google+ Followers