Thursday, February 12, 2015

Japanese -- BENJAMIN FULFORD -- ベンジャミン・フルフォード・・・2015年1月 12日 


ベンジャミン・フルフォード・・・2015年1月 12日 パリ事件はサウジ王国打倒を目的としている
Monday, January 12, 2015
Benjamin Fulford - January 12, 2015: The fake Paris incident is aimed at taking down the house of Saud

先週のパリでの明らかに偽のテロ事件は明らかにサ ウジアラビア王国打倒作戦に西側世論を誘導するのが狙いでした。この作戦はフランスの雑誌にサウジアラビアに於ける死刑に繋がる種類の風 刺漫画を掲載させ、この雑誌のスタッフの偽の殺害事件を起こすことからなっています。これは西側の大衆を煽り立ててサウジ政府が実施して いる種類の事について怒りを巻き起こさせるのに役立ちます。

サウジ王国は長年に亘って反啓蒙主義者である、 ワッハーブ主義として知られているイスラム過激派に資金を供給してきたことは事実です。彼らは又ブッシュナチ犯罪ファミリーと数十年に 亘って提携し、西側民主主義を全体主義的な専制主義に変えようとのプロジェクトを推進してきました。この国での姦通を犯した者に対する刑 は、今でも、腰まで砂の中に埋め、投石して死に至らしめる、というものです。この国は又、国の支配に疑問を投げかけた者に対しては支配者 ファミリーによって法の裏付け無しに殺され得る所でもあります。私がこの国にいた時には、交通事故にあったら、警察に連れて行かれないよ うに怪我をした振りをして病院に行け、といわれていました。もしも警察に連れて行かれたら、決して出ては来られない、と言われていたもの です。このファミリーマフィア国家はオイルから得た富を利用して世界中に無知な狂信者の軍隊を創り出してきました。

ですから、イスラム狂信者への資金を断つ為にはサ ウジ政権の打倒が最初の手がかりになるでしょう。或いは少なくともパリでのイベントを演出した者たちの心の中にこのようなことが抱かれて いたと思われます。

この話にはもっと奥深い面があります。


サウジアラビア自体はキリスト教とイスラム教徒の 間に抗争を起こして、一つの宗教にまとめ、或いは彼らが秘密裏に支配する一つの世界宗教を作らせるたいと思っているP2フリーメーソンに支配されている奴隷政府の内の一つです。彼らは洗脳されている西側の軍隊を攻撃するための操り人形を 作り出す目的で、ワッハーブ派や他の偽ムスリム過激主義グループを創成しました。エンドゲームは小さい血縁親族派閥によって支配されてい る世界的ファシスト専制主義なのです。このゲームでは、サウジの王族が悪漢の役割で行動している歩兵にすぎないのです。

私の父、ドワイト・フルフォードが1980年代後 期にサウジアラビアでのカナダ大使として赴任していた時に、父はシオンの長老の規約を読まされました。サウジの王子も当記者に”我々は長 い間彼の下で働いてきた”と言いました。サウジに伝わるこの話はこの惑星を支配するための世界的なイベントを制御している秘密の”シオニ ズム”グループについてのものです。

フランス大統領フランソワ・オランドは公共テレビ で、この事件をフランス語でイルミナティを指す、”ル・イルミン”によるものとして非難しました。

彼が言っているイルミナティはアメリカ、フラン ス、ロシア革命を起こしたと主張するグノーシス派のイルミナティを指す可能性が高いと思われます。オランドは、ロスチャイルドファミリー のフランス分派である、フランスのグランドオリエントフリーメーソン一派に関係しています。

以前、イルミナティは白竜会に中東でもヨーロッパ 人の血縁支配を終わらせたいと語った事があります。

今、中東で起きていることについて見てみることに しましょう。そこで見られる事はトルコ、シリア、イラン、シーア派イラク、及び明らかにイスラエル、サウジアラビア、ヨルダン、及びエジ プトから顔を背けているペンタゴンの間の連合があります。トルコ、シリア、及びイラクのシーア派は一緒になると150万人を越す近代的な 軍隊を形成出来ます。エジプト、サウジアラビア、イスラエル及びヨルダンは一緒になっても百万弱の軍隊しか構成出来ません。もしもペンタ ゴンとロシアがトルコ連合を支援したとしたら、また明らかに支援すると思われますが、これは本質的にはサウジアラビア、エジプト、及びイ スラエルはトルコ/イラン連合に加わるしか道はない事を意味し、さもないと軍事バランスが崩れてしまいます。

さて、この状況を米国の視点から見てみましょう。 ワシントンでは、911とそれに引き続くファシストのクーデターに就いての真実の公開を拒絶して、頑固にも政権にしがみついているオバマ 政権が居座っています。偽のテロ攻撃についての先週のフランスでの大デモにはオバマ政権から誰も重要人物が姿を見せなかったことに注意し て下さい。

これが、カナダから米国へのオイル輸送用のキース トーンパイプラインに拒否権を行使すると脅した同じオバマ政権の態度です。明らかにオバマは米国にとってはオイルを、平和で民主的なカナ ダから輸入するよりもサウジアラビアにおけるシオニストを熱狂的に支援している奴隷政権から輸入する方が良いと考えているのです

ペンタゴンは極めて敏感にオバマ政権からの如何な る命令にも従おうとしていません。

Translator: Taki Chino

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democrata

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


The Putin interviews


The Putin Interviews
by Oliver Stone (
FULL VIDEOS) EN/RU/SP/FR/IT/CH


http://tributetoapresident.blogspot.com/2018/07/the-putin-interviews-by-oliver-stone.html




Q




Subtitles in CA/CH/CR/DE/EN/FI/FR/HE/IT/JP/NL/PL/PT/SH/SP/SV/TR

To get the subtitles please click upon the small dented wheel at the bottom right side of the video and choose your language.


FOX NEWS

Followers

Google+ Followers