bf pic

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democrata

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


FOX NEWS

Manlio HELSINKI

Thursday, February 19, 2015

Japanese -- ベンジャミン・フルフォードニュース 2015年 2月17日 ウクライナでの核爆発、CIAの活動制限

ベンジャミン・フルフォードニュース 2015 17日 ウクライナでの核爆発、CIAの活動制限
Tuesday, February 17, 2015
Benjamin Fulford - February 17, 2015: Nukes in the Ukraine, lockdown at CIA, blockade of US West coast and more as takedown of cabal continues

19 日木曜日の陰暦の正月に向けて、カバールに対して大きい圧力がかけられている。この圧力には米国西海岸の港からの全ての貿易の停止、 バージニア州ラングレーのCIA本部の一時閉鎖、及び中東での大きい軍事動静が含まれる。一方、シオナチのカ バールによって、絶望の果てにファシストのクーデターという形で力を維持しようと、米国、ヨーロッパ、及び中東で核爆発を含む極端な 混乱が演出されている。

ウクライ ナに於ける複数のイベントはおそらく最も劇的なものだった。先週のこのニュースレターで述べたように、小規模の核兵器が東ウクライナ の親ロシア派軍に対して用いられた。軍事政府は記者会見でこれを確認し、TNT換算500トンの爆発力のミサイルが彼らに命中したとのことである。


これは核 兵器によってのみ可能である。更なる確認では核兵器が用いられ、爆発時にウクライナとロシアの国境でマグニチュード6.8の地震が起 きたと米国の国土地理院が確認している。この報告は、爆発の20分前に彼らのウエブサイトに掲載された。

この爆発 の後に、カバールが起こすテロ行動を常に前もって予言していた米国ベースのソースは当記者にメールを送ってよこし、ウクライナ国内或 いはその近くで更に基の核兵器が発射直前だったと述べた。一基はドネツクの南に、一基はスターリングラードに、一基は実際の爆発現 場の北東に、一基はドネツク近くで輸送を待っていると言っている。

これらの 米国のソースからの核による脅しはフランスとドイツがワシントンから決定的に離れ、直接ロシアのウラジミル・プーチンとの会合もった ことに由来する。長時間の話し合いの後に、彼らは先週ウクライナでの戦闘停止の仲裁に至った。この記事を書いている時点でこの戦闘停 止はドネツクの鉄道交差点付近で包囲されているウクライナ軍の処遇のみを例外として合意に至った。

又米政府 の官僚が数十億ドルのウクライナ向けの偽米ドルを運搬していたとしてドイツで逮捕されたしるしが濃くなっていることが大きい反響を呼 んでいる。

このアメ リカ人はヨーロッパの仲裁取引と、ガスが豊富なアゾフ海周辺のウクライナをロシアの一部とするという事実に合意したものと思われる最 近のドイツに於ける安全保障会議で米国のジョーバイデン副大統領はウクライナをルヴィヴ゛からカルキフまでと表現した。これは以 下の地図を見れば容易に理解できよう。

これはロ シアとクリミアを結ぶウクライナの一部がロシアになるということを意味する。

ドイツに よってCIAが殺人とテロの後ろ盾をしているという発見もペンタゴンにこのテロの源であ る、ジョージ・ブッシュのナチCIA分派を断つ為の圧力をかけるようにさせた可能性がある。バージニア州ラング レーにあるCIA本部のが閉鎖されたというインターネット情報がある。

私たちのMI5のソースはこれが本当だと確認している。あるCIAのソースが言うには、CIA本部は”VIPの訪問の為に閉鎖されたとのことである。アルペンタゴンのソースはこのレポート作成時点では応答しな かった。ヴァチカンのP分派のソースはワシントンにいる人のカザール人を逮捕し、CIAとペンタゴンの間の関係は良くないと言うことを確認している。

このCIA の閉鎖は今週に 行われる予定の中国による米国の負債の書き換えのための条件である可能性がある。中国政府の公式報道機関である新華社のニュースサイ トは一面記事として米国による世界のテロの後ろ盾を非難している。

これはロ シアが米国政府を911のテロ攻撃の後ろ盾だとして非難した後の、ワシントンD.C.で開かれると思われる60か国の反テロ会議の前の記事である。

このほかのワシントンD.C.の悪漢政権に対する圧力の大きいしるしは米国西海岸に出入りする全ての貨物が止められていると言う事実に見られる。オ レゴン州ポートランドの港湾労働者組合のソースはこの貨物取り扱いの停止は米国ベースの宣伝ニュース報道として論じられている労働問題に 起因するのではないということを明らかにしている。層ではなくむしろ、これは米国にワシントンD.C.の中の犯罪者たちの処置を強制するアジアからの圧力の一部です。悪漢CIAの閉鎖はその条件の一部である可能性がある。

バルチッ クドライインデックスの記録的な低レベルへの降下はこの貨物処理に起因する。中国人は必要なら長期間の停止を見越している印として船 舶のスクラップ化を開始した。

ヴァチカ ンのP分派のソースからの確認としても、異常な寒波が米国の東海岸を襲っている が、これはワシントンD.C.のシオナチカバールを降伏させる天候戦争戦略の一部である。この種の技術が存 在し、最近のニュース報道で言われるように、雲の中に種を蒔くだけには留まっていないようだ。

先週のこ のニュースレターの読者は米国の国内安全保障省DHS)はアメリカ人の拘留を始める計画を実行に移し、戒厳令を発しようとしている、と言う。戒厳令が敷かれるの はアメリカ人を保護するためであって拘留することが目的ではない。事実は、DHSに対する資金供給は絶たれたのだ。

DHSのちんぴら共が反乱を起こそうとしても、如何なる閉鎖にも勝利を得るのはペン タゴンのホワイトハットとそのエージェントだけなのだ。米国では良い方向への政権交代が行われるだろう。

中東でも 多くの事が起きている。オイルが豊富な国であるクエイトは先週電力網の完全停止を経験した。これに引き続いて米国が重砲部隊を伴う 4000台の戦車を派遣すると宣言した。一方イエーメンでは、この国での米軍の正規部隊の作戦が続いているにも関わらず、ほとんどの 大使館とCIAエージェントが追放され、更にペンタゴンのCIAナチ分派は分裂したと言う事実がある。

イスラエ ルに根拠を於くISISという疑似イスラム軍に対する作戦も勢いを得ている。イスラエルとシリアの国 境に駐在している国連監視団は、ISISがイスラエルと密接な関係にあることを確認している。そこで、サウジの出番で ある。サウジアラビアに対しては他のアラブ国家、ロシア、及びペンタゴンが連合して活発にISISの破壊を試みている。エジプトも先週リビヤでのISISを攻撃した。これはフランスの国防大臣がリビアやからオイルを購入してイスラ エルを救うと約束したあとで行われた。リビア政権を放逐したのはフランス、英国、及びイタリア出会ってペンタゴンではなかったことを 思い出して欲しい。今でぇエジプトとロシアがペンタゴンの暗黙の支持の下で行動し、この地域の人民のために反撃をしているように見え る。

先週日本 では、当記者がTVニュース放送に生出演し、多くのコメンテータと共に、ISISはイスラムでもアラブでもなく、イスラエルが操作している傭兵部隊だというこ とを明確にした。

ヨーロッ パでもナチオニストが逃走中である。ギリシャの負債状況は暗礁に乗り上げたままであり、IMFには資金が無く、今ではロシアのプーチンがハンガリーを訪れて、この国のロス チャイルドの銀行権益排除を支援している。

ロスチャ イルドに関しては先週中山-ロスチャイルドと称するある者が白竜会に接触してきた。北朝鮮、中国、モサ ド、グノーシス派のイルミナティ、ユダヤ資金、クルディスタングループも白竜会と先週接触し、新金融システムの創成について話合いを した。

今のところ、貧困を終わらせ、環境破壊を停止し、 宇宙への拡張を始める必要性について合意が行われた。又破壊的な目的には用いない限りフリーエネルギー技術の利用を許すという広範囲の合 意がなされた。フリーエネルギーの時代には、炭素は最も求められる物質になるので、これは炭化水素の利害とは競合しない。炭素は新しい生 態系の構築物質になるだろう。

あまりポ ジティブではないこととして、だれが、何が寿命延長剤の利用、或いは生命強化技術の利用を拒んでいるのかが分かっていない。

私たちの寿命の延長を妨げている例をこのレポート で見て欲しい。これは60歳相当のネズミを20歳相当の動物に変える事が出来る物質を発見ハーバードの科学者についての記事である。


これはこ の物質が単純なタンパク質として発表した最初の記事である。しかしこの記事では、人間への応用については一日あたり万ドル、年 1800万ドルかかるとしている。この種の寿命延長記事物質の発見に関する記事は科学の世界では、年に一編程度は出現するが必ず私 たちには手が届かない理由が付加される。同じ事は私たちをより賢明、より強く、より美しく、全ての面で優れるように遺伝子を改変する 如何なる試みについても同じである。ある者或いは何かが、未だに私たちの生命を短く粗野なものにしたいと思っているのだ。

Translator: Taki Chino

bruxelles

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

Followers

Google+ Followers