bf pic

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democrata

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


HELSINKI

FOX NEWS

Thursday, June 25, 2015

Japanese -- ベンジャミン・フルフォードニュース 2015年 6月22日 カバール崩壊加速のしるし


ベンジャミン・フルフォードニュース 2015年 6月22日 カバール崩壊加速のしるし
Bush, Rothschild prosecutions, new disclosures, Greece, all signs of accelerating cabal take down
June 22, 2015

国やヨーロッパ諸国内で不法にも権力を掌握していたカザリアン犯罪シンジケートの組織解体を示すしるしが急速に増してきている。例えば、ニューヨークの裁判 所はジョージ・ブッシュ・ジュニア政権時代に勤務していた官吏は訴訟の対象になり、刑罰を科され得るとの裁定をくだした。この裁定は 911大量殺人事件の加担者の大量投獄への道を開く。

もう一つの印はフランスの判事がロスチャイルドファミリーの長老の一 人である、デーヴィッド・デ・ロスチャイルド男爵が警察の詐欺容疑で聴聞を受けるべき、との裁定を下したことである。

又、JP モルガンのブッシュ系銀行家の殺害が副頭取と大きい力を持っていた取引担当者ジミー・リーの”突然死”で新たな高まりに至っている。 10人以上のJPモルガンの銀行員が最近突然死し、誰かが追跡している事が明らかである。この追跡はブッシュ/クリントン犯罪ファミ リーに繋がるので安心してほしい。

一方、ギ リシャ危機は間もなく頂点に達し、ギリシャの債務不履行が一般に知れ渡ることが不可避なギリシャの銀行からの大規模なユーロの引き上 げが起こる。しかし、公式のギリシャの債務不履行はドイツ、フランス、及び残りのユーロゾーンを転覆させ、やがては米国にまで達する ドミノ効果を起こす。

この理由 から、EU中央銀行、IMF,及びFedのボスたちは、栓を引き抜くようなことはせず、種々の経理上の技を使って時間稼ぎをするだろ う。これがギリシャの経済大臣が先週モスクワでロシア高官との会談の後でギリシャ負債危機について自信をもって語った理由なのだ。

西側政府 から出てくる全ての偽の数字とでたらめにも関わらず、西側の金融システム(連邦準備制度)は既に破産している。”現役大統領”であるバラク・オバマが率 いる、Fedの子会社である、 the United States of America Corporationは何年にも亘って、全ては旨く行っているとの、偽の財政データを発行してきた。例えば最近、彼らの負債総 額は3月16日以来100日以上に亘って、18.11兆ドルと一定である。白竜基金は又、Fedがそれ以上の期間に亘って破産状態に あるとの新たな確認を受け取った。Fedの長であった、アラン・グリーンスパンと面会したあるアジアの高位の銀行家が満州の金の返還 を要求したが、グリーンスパンから”金備蓄が無い”ので返還は出来ないと言われた。

グリーン スパンはFedは、”政府を破産させてしまうので”金の代わりの数兆ドルの現金も支払えないとも言った。この銀行家が言うには、その 代わりに、”主交易ライセンス”を与えると言われたとのことである。Fedの建物から立ち去って、スターバックスに立ち寄ったとこ ろ、背後で自分たちの車が爆発した。彼らは直ちに地下鉄に乗って空港に行き、次のフライトでフィリピンに逃げ帰った。

彼らはそ れからヨーロッパでインターポールの長官に面会した。インターポールの長官は彼らをヴァチカンを動かしているフリーメーソンのP2分 派に紹介した。P2の者は彼らにイラクへの侵略の後に”システムの動き方として”米国でクーデターが起きるだろうと説明した。彼らは 2001年9月11日まではこの者たちは正気ではないと思っていた。

これらの アジア人達はいまだにFedに対する正当な要求の権利をもっており、Fedは今彼らの道を爆弾で塞ぐことはできないのだ。現在の Fedカバールの表向きの顔は人形であるオバマとFed理事長のジャネット・イエレンである。

Fedは アジア人に対して負っている負債の支払いができないので、これらのアジア人とBRICSの連合は代替の金融システムを大急ぎで構築中 である。新しいBRICS銀行は7月7日に開行の予定でアジアインフラストラクチャー透視銀行(AIIB)も並行して運営される。

この動きにはサイバー戦争が伴っている。その多く は全ての米国の連邦要員の全てのデータが盗まれたという話として企業メディアが報道している。

しかし、多くの逸話が世界の金融ネットワークの中 でサーバー戦争が行われていることを示している。背後にカバールがいるマニラのアジア開発銀行の高位の銀行家が米国内の米ドル銀行口座に ついて心配して、フィリピンにある彼の銀行への送金を依頼した。フィリピン銀行は、カバールが支配しているSWIFT国際金融取引システ ムが”動作していない”ので、送金が出来なかった、と彼に言った。

当記者も ATMでVISAからの請求への支払いをしようとした時にトラブルを経験した。私はVISAの要員との直接対話の必要があると言われ たのでVISAの事務所に赴いたところ、事務員は私のカードをATMに挿し込んだ。出てきた請求書は私の要支払い額よりも遙かに多額 だったので、事務員はそれを無視し、私の書類上の額だけ払えば良いから心配しないようにと言った。彼女はVISAが”システム調整を 行っている”のだと説明をした。

当記者が ペイパルのインターネット取引明細を要求したときには又、おかしな事が起きた。パイパルは私に全く違う人物の取引明細を送ってきたの だ。間違った人の私的な取引データを何故送ってきたのか説明を求めた所、彼らが言うには”システムトラブルが起きた、”と言った。

これが逸 話の全てだが、最近突然死んだ50人以上の銀行員のほとんどが不思議なことにIT専門家だったと言う事実は、金融界のサイバー戦争が サイバースペースから動き出していることを示している。

事実は、 西側金融ITシステムは京、垓 ドルではないにしても、現実には何もよりどころが無い、数百兆ドルを創造している。時代の終わりには、アナログ現実が勝ち、これがBRICS連合が商品と製造を 支配して勝利しつつある理由になっている。ペンタゴンも必要なら戦うと言う意志を持つ武装した者たちを実際に支配しているので勝利し つつあるのだ。

敗北しつ つある者はカザリアンという暴力団である。ブッシュ/クリントン一家の奴隷である、バラク・オバには、911に関する公式報告から抽 出したサウジについて示している28ページの部分を公表するように圧力が掛けられていると言う事実は、サウジが倒れつつあるカザリア ンドミノの次の牌だということを示している。

新たに即 位したサウジのサルマン王は先週息子をロシアに送り、大陸間弾道ミサイルと核兵器を入手する代わりにロシアによる世界のオイルマー ケット支配を申し出た、とペンタゴンの高官が述べた。彼は手ぶらで帰国した。

サウジ・ アラビアはイスラエルが供与した核兵器を保有しているが、イエーメンよりも迅速に発射出来ない。これはペンタゴンのホワイトハットと その連合による不愉快な政権の打倒を防止するとの核による脅しが利用できないことを意味する。

ウクライ ナでカザリアンが擁立したナチ政権も彼らを操っている者が惑星地球獲得戦争に明らかに敗北しつつあるので麻痺しつつある。スプートニ クニュース(恐らくは諜報機関の宣伝新聞)によると、ウクライナ大統領のペトロ・ポロシェンコはウクライナ大陸裁判所に前任者のヴィ クトル・ヤニコヴィッチが憲法違反を犯したとして追放との裁定を下すよう求めている。

別の言い 方をすれば、前任者に対する不法なカザリアンの反乱の主な加担者が突然反乱を批判しだしたということだ。ポロシェンコに対して与えら れる最善のアドバイスはロシアにこびを売ろうとするのを止めて、隠れる為の深い穴を掘ることだ。

しかし、 この惑星上或いはこの宇宙の他のどこにも、ポロシェンコのようなカザリアンの悪魔主義者が隠れる場所は無い

彼らの世 界的な負債奴隷政権の崩壊は加速中で、大量殺戮の免訴は彼らの偽金と共に蒸発しつつある。

英国、ス イス、ドイツ、フランス、及びヴァチカンは既にカザリアンを放棄し、WDS(白竜会)とBRICS連合と同盟を結んでいる。

法王フラ ンシスは最近WDSが呼びかけているものとほとんど全く同じ、貧困と環境破壊を終わらせる為の大規模なキャンペーンの実施を促す回覧 を発行してこの変化を確認した。彼の談話の地球温暖化の部分は現実とは合致しないが、法王の心は明らかに正しい位置を占めている。 ヴァチカンとWDSとの間の交渉が友好的に進んでいる。同じ事は英国、フランス、及びドイツについても言うことが出来る。

日本でも 政権交代が近付いている。現在はまだ報告できない多くのことがあるが人形政権は明らかに立場を失いつつある。最後に倒れるドミノはワ シントンDC、イスラエル、及びニューヨークだろう。

これがいつ起きるのか特定の日取りは示したくない が、IMFが米国無しで事態を進捗させる方法を論じる会合を9月まで延期したことには注意しなければならない。祝賀の年はヴァチカンに予 言され、宗教的ユダヤ人その他が祝賀を始める2015年9月13日はたまたま日曜日だが、それ以前の最後のビジネスは9月11日に行われ る。9月11日を思い出して欲しい。9月28日は又血の新月の日であることも思い出して欲しい。

Translator: Taki Chino

bruxelles

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

Followers

Google+ Followers