bf pic

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democrata

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


HELSINKI

FOX NEWS

Friday, June 5, 2015

Japanese -- ベンジャミン・フルフォードニュース 2015年 6月2日

ベンジャミン・フルフォードニュース 2015年 6月2日
Benjamin Fullford News
June 2, 2015
Author: Benjamin Fulford

西側世界 で終に革命が起きカバール支配に終止符が打たれる夏までには、世界の出来事が納まって行く事だろう。事実、目覚めた人々がこれを起こ す事はモラル上の義務であり、そうすれば西側世界はバビロンスタイルの負債奴隷制から解放される。

この革命 の最も可能性が高いきっかけは、今はギリシャだろうと思われている。ほとんどの最新のニュースでは、ギリシャは6月の支払いをIMF"一括”であずけてしまった。これが意味することは、英国のMI5の情報によれば、"もしもギリシャが6月の支払いを一括したとしたら、7月初めには債務不履行に なるが、これは30日後にIMF理事長によって報告され、それに引き続いて、3~4週間かかるIMF内部の手順打ち合わせが行われる。別の言い方をすれば、9月には金融界の粉砕 が起きるのだ。


実際は、 西側の銀行システム、特にメガバンクは既に破産している。彼らは全体として単純に西側諸国がその他の世界、主にアジアから過去30年 に亘ってクレジットカードを使って物資を輸入し、カードの使用上限を超過した。西側の銀行は数百兆ドルものデリバティブを創り出して そうはなっていない振りをしている。これらのデリバティブはギリシャの人々の収入のような実世界とは繋がりが浅いが、ギリシャの債務 不履行のようなことはシステムを最終的なきりもみ状態に追い込むのには十分だろう。

最近のギリシャ政府高官からの声明ではカバールの 銀行救済のためにこれ以上ギリシャ市民から搾り取る事はしないという立場が鮮明である。以下はギリシャの国会議長である、ゾー・コンスタ ントプロウ氏が負債について述べたことである。:
ギリ シャの債務であると主張されているもののうちの大部分は非合法、不愉快さ、持続不能さに基づいているという強い証拠がある。”

ギリシャ 政府がEUを見限り、BRICS銀行に参加し、ロシアからお金を受け取る事が、ヨーロッパでのカバール支配を終わらせる戦略になるかもし れない。ギリシャは自分たちが開発した民主主義回復のための歴史的な機会を西側に取りもどさせる機会を得ている。この秋にはこれが見 られるはずだ。

高レベルのインドネシア政府のソースは一方、白竜 会と連絡を取り、インドネシアにおける主要な金鉱床はジャカルタの米国大使館から1キロメートル以内の所にある軍事基地内にあると知らせ た、と言っている。金の正確な数量は明らかにされていないが、このソースが言うには、10万トン以上とのことである。彼らが言うには金の 鉱床は9月に開かれ、ある種の経済"イベント”がこの秋に予定される裏付けになるとのことである。このインドネシアのソースは個人的にこの金を見たことが あるとは言いながら、証拠になる写真を見せられないでいるが、すぐにも証拠写真を見せるようにすると言っている。彼らが言うにはこの金鉱 床は衛星を利用して政府が見付けたのだとのことである。

インドセ シア人は、最近選挙で大統領になったジョコ・ウイドドが約束を果たさないので、今年の年末までには排除されるだろうと言っている。ア メリカ、ロシア、中国はインドネシアとその金の支配の代理戦争を行っている、とこのソースは言っている。米国国務省の役人やインドネ シアの将軍が最近、キリスト教の少数民族がいる北スラエジで会合を持ったと言われている。

この国務 省の役人は将軍たちにキリスト教徒とイスラム教徒の間で紛争が起きたら、カザリアンカバールに好意を持つ軍事政権が確立されることに なるかどうかを尋ねた。このようなことを阻止しなければ、カバールは偽米ドルを山のように積載したジャンボ飛行機をインドネシアに送 り込み、暴動を起こす者や危機扇動役者を雇うだろう。インドネシアはかくして、ウクライナ、シリア、イエーメン、イラク、リビヤ、と 同じようなもう一つの紛争地点になるだろう。

ロシアの側は、白竜会にカバールの主要支配機関だ と言われている企業の詳細なデータを提供した。ロシア側の文書では、ヴァンガードはロスチャイルド、ロックフェラー、ブッシュ、クリント ン、ドナルド・ラムズフェルド、ディック・チェニー他のカザリアンの悪漢どもが所有していて、ヴァンガードはさらに、モンサント、グレー ストーン(前ブラックウオーター、アカデミー、Xeなど)を所有している。

ロシア、 ドイツ、及びフランスのヴァンガードに関する情報収集は、今年初めの米国国務省副長官のヴィクトリア・ヌランドのアシスタントの逮捕 がきっかけとなった。逮捕されたこの者は数十億ドルの高品質にせドルをウクライナに輸送しようとして捕まった。この者はヨーロッパの タスクフォースと十分に協力をしていた。

彼は調査 官にヌランド、上院議員ジョン・マケイン、国務省長官ジョン・ケリー、CIA長官ジョン・ブレナンなどはヴァンガードに雇われてい る、と語った。ロシア筋によると、彼はヴァンガードが”高品質のにせドルを印刷し、シリア、イラク、ウクライナ、リビヤでの傭兵部隊 に支払った。”と証言した。このソースによると、それに加えてISISはヴァンガードの子会社である、とのことである。

このロシ アからの情報を見たイギリスのMI5の情報筋が言うには、資金源に就いては信用できる、と言っている。

このイギ リス情報筋が言うにはヴァンガードの子会社であるモンサントによる世界食料生産と供給の支配は世界の人口の地政的支配戦略の一環であ るとのことである。

ロシアの 情報筋は、ジリードサイエンスという会社が巨大製薬企業であるファイザー(ナチのIGファルベンの分家)とビル&メリンダゲート基金 がエボラや対エボラ治療法の拡散に関係していると言っている。

どの場合 でもヴァンガードの秘密の公開はこの企業に対する投資家をISISのような疑惑の子会社から切り離させる原因となった。その結果、 ISISは今資金問題を抱えていて、北アフリカの村民に一人あたり3000ドルを支払わせることにせざるを得なくなった、とMI5の 情報源は言っている。

ロシアの報告書の一部はこの週間ニュースの終わり に掲載されている。これがこの奇怪な企業に対する法執行機関の活動のきっかけになれば良いと思っている。

いずれに しても、カバールが困難に陥っているという別のしるしもある。一つの大きいイベントは前イギリス首相のトニーブレアの、"中東平和使節”の辞退である。


これが意 味するところは、彼の外交官特権の剥奪であり、今は彼がイラクの破壊についての戦争犯罪の訴追に直面し得るということである。ブレア はよく知られた”おしゃべり”であり、ブッシュやその他のカザリアンナチについてカナリアのように歌う事が確実である。イギリスはと うとう見苦しい事を手がける気になり、この大量殺戮者と仲間の反逆者の鼻をあかそうとしている。

このほか の興味深い事件は米国国務長官のジョン・ケリーが”自転車事故で足の骨の骨折をした、”との事実であり、イランとの交渉から降りざる を得なくなったことである。まだこれについては確認が取れていないが、過去の経験から、ケリーはイランとの取引に怒った仲間のギャン グに襲われたのだ。

アジアの 情報源が言うには、イランはシャーの時代から核兵器を所有しているので、イランとの核交渉はイランの核兵器の所有とは何ら関係がない とのことである。イランのシャーの従兄弟もこれを確認している。いわゆるイランとの核交渉は実際にはロシアからのウラニウム供給を止 めさせ、西側からのトリウム供給にさせようとの試みなのだ、とアジアのソース言っている。イランは恐らくは両方共止める事になるだろ う。

いずれに しても、米国軍部の愛国者にはケリーのようなギャングを権力の座から追放し、米合衆国を回復させ、可能な限り速やかに企業形態のカ バール支配を終わらせる必要がある。そうしないと、米合衆国は第三世界への落ち込みを続けることになるだろう。チャップウッド投資会 社による米国の実際のインフレ率では、米国経済は2011年以降、21.4%も落ち込んだとのことである。

世界の貿 易量の最近の落ち込みも現在の西側支配金融システムの機能が益々低下してきていることを示している。米軍はワシントンDCとニュー ヨークでカザリアンカバールの巣の切り崩しをしたとの行進をする必要がある。カナダ軍には要請されれば支援の用意がある。今は第二ア メリカ革命の時なのだ。
Translator: Taki Chino

bruxelles

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

Followers

Google+ Followers