Tuesday, July 26, 2016

Japanese: Benjamin Fulford: 26:07:2016

ベンジャミン・フルフォードニュース(速報) 2016年7月25日
Monday, July 25, 2016Benjamin Fulford Update - July 25, 2016
Rothschild game plan was to reverse the results of World War I

ロスチャイルドの最終ゲームプランは、ドイツ、オーストロ・ハンガリー、ロシア帝国を復活させ、第一次世界大戦の結果を再現することだ、とは、ドイツと米国のソースが一致して言うことである。ヨーロッパで今展開中のこのプランは、イスラム教の敵に対する内戦を要求している。いわゆる、イスラム教徒テロリストはいわゆる炭酸ガス発生による地球温暖化防止のために支払われている資金で雇われている、とこのソースは言っている。これが、攻撃で死亡するいつもの一匹狼が行っていると思わせられている、イスラム教徒のテロ攻撃が毎日のように起こる理由なのだ。この方法なら、事実が大衆の目にさらされる厄介な裁判の必要はないのだ。

いずれにしても、このソースが言うには、夏以降、8月あるいは9月には、ますます激しいテロリスト攻撃が起き、ヨーロッパの銀行ATMは停止される、とのことである。王族が救済者として姿を現すのはこの時点であり、自分たちの王国の復活と引き換えに、人々に大量の不換紙幣と安全対策を与えるのだ。


復活するヨーロッパの王制はドイツのカイザーを長として、その下に人の王を従える。カイザーの候補は、ハプスブルグまたはホーエンツォルレン王家から選ばれる。これは、カール・ハプスブルグまたはホーエンツォルレン・ゲオルグ・フリードリッヒ、ロシア皇太子を意味する。彼らが言っているもう一人の候補はフェルディナンド・ツフォンミール・ハプスブルグ・ロートリンゲンである。

ロシアのツァーとしてはケントのミカエル王子の可能性が高い。https://en.wikipedia.org/wiki/Prince_Michael_of_Kent

なぜなら彼は、全てのヨーロッパ王族の中でもっともロマノフの血が濃いからである。これはロシアのソースが言っていることと合っていて、ウラジミル・プーチンはロシアの王族に忠誠なKGB内の分派によって権力の座に押し上げられたとのことである。

この動きは、トルコのレセプ・エルドガンによるオスマントルコ帝国の復活努力と合致し、成功すれば、ドイツ、オーストロ・ハンガリー、およびトルコ帝国が復活するだろう。これは本質的にヨーロッパと近東を第一次世界大戦以前の状態に戻すことを意味する。

だから、第一次世界大戦でのアングロ・アメリカンの勝利の状態を復活させるという100年計画がベールを脱いだのだ。

BREXITの投票はこの点で、ヨーロッパで復活する王族支配のルールの下に、英国王族は没落しない、ということを意味する。

問題は言うまでもないことだが、ヨーロッパの人々はテロと経済的な脅しに屈し、甘んじて王族を公的権力の座に据えるのか、ということだ。この夏、または秋には結果がわかるだろう。そのうちに、豊富な資金支援を受け、暴力的なデモに支えられた、凶暴な偽旗攻撃による混乱がますます増えるだろう。ドイツ総統のアンジェラ・メルケルとフランス大統領のフランソワ・オランドが今年後半に失職するかどうかも良い賭けの対象だ。

一方、激しい権力闘争が米国の上層部に起きている。CIAのソースが言うには、中国がドルの崩壊防止のための借款として米国に与える大量の金の秘密コードを米国に通知した、とのことである。この意味は、ワシントンDCの者共は、キラリー(ヒラリー・クリントンのあだなを訴追しなければならない、ということである。

民主党の大統領候補選出大会が、如何に民主党幹部がヒラリー・クリントンについて物事を操作していたかについてのロシアによるEメールの暴露とともに今週始まったが、ワシントンDCで大きい権力闘争が進行中であることには疑う余地もない。暴露されたメールで名指しされた民主党国家委員会委員長のデビー・ワッサーマン・シュルツは大会の後で辞職すると言った。CIAのソースが言うには、彼女がクリントンのために選挙を操作した方法について証言するのを防ぐためにすぐに暗殺される可能性が高い、と言っている。

ペンタゴンと諸機関はすでに民主党と共和党両党に、グラス・スティーガル法を復活するように約束させた。これはカザリアン・マフィアのブッシュ・クリントン派が米国の財務システムを変更して採用した狂ったカジノ方式を終わりにさせる、という意味である。

P2フリーメーソン派もヒラリー・クリントンにジェスイットである、ティム・ケインを副大統領候補として受け入れるように迫った、とCIAのソースは言っている。トランプもジェスイットとP2に支持されているので、彼らは米国で両方に入り込んでいることを意味する。従って、ソヴィエトが冷戦の間に言っていた様に、アメリカ人は投票機ではペプシコーラかコカコーラかを選べるが、ワイン、お茶、コーヒーなどは選べないのだ。

米国のシステムが如何に腐敗し、退廃的かは米国の国務長官である、ジョン・スカルボーンズ・ケリーがデュポンのような悪魔的な化学企業のためのサクラとして活動していることでわかる。ケリーは、先週金曜日にヴィエナを訪問し、エアコンディショナーはテロリズムとして生命に対する大きい脅威になっていると言った。起きていることは、デュポンとその犯罪パートナーがフロンガスのパテントが切れた時にフロンガスの使用を禁止してから17年が経過したが、彼らのBSフロンガスはオゾンホールを形成したという話は、当時の全ての人を騙した、ということだ。今では、このフロンの代わりになるヒドロフルオロカーボン(CFC)の彼らのパテントも切れつつあるので、彼らのおろかな奴隷であるケリーは世界の高官たちにCFCの使用禁止は文字通り、この惑星の上の生命を救う、と触れて回っている。

彼が本当に言いたいことは、世界中のエアコンディショナーや冷蔵庫用の特許冷媒の販売で年間200億ドルを売り上げる化学仲間を救いたいということなのだ。これは、エアコンディショナーなど買うことさえできない国に対して世界最大の国の外相に冷媒として何を使うべきか言わせるなんと下品な政治システムであろうか。このような政治システムは直ちに廃棄すべきなのだ。

カザリアンマフィアの多くのトップボスに白竜会(WDS)がかけたトンの金の懸賞に対する反応があったことについてお話をしよう。米国の特殊部隊司令官がWDSに連絡をし、このリストに示されている者に対して提示する懸賞触書がほしいといってきた。彼らはこのリスト上の者たちを保護するある者たちと逮捕しようとする別の者たちの間で戦うような、牧羊犬を追いかける牧羊犬にはなりたくないので、こう言っているのだ。

この種の懸賞触書は準備され、特殊部隊はカザリアンマフィア狩の実行のために仲間同士で戦わないで済むようになるだろう。懸賞金は惑星解放軍総司令部がWDSと連合して支払うことになる。

WDSはまた、ロスチャイルドに対して示された最終期限であるハワイ時間7月25日の午前0時を過ぎても何も起きなければ、面子を失うことを知っている。ロスチャイルドは今スイスに隠れていて、行動をするまでには遅れがあるかも知れないが、行動はとられるだろう。

最初はWDSとの会合に同意したナサン・ロスチャイルドは、この取引に対する障害は父親と叔父の責任であって、彼のせいではないとして結婚式に父親を招待しないと宣言した。

この理由で、1トンのナサンに対する懸賞金は保留とされている。また、アジアの秘密社会は、中国の夏の別荘のようなかけがえのない文化財の悼むべき破壊が行われたにもかかわらず、幾人かの老人を捕らえるために全ての人間にとって至上の価値がある芸術、遺産の破壊を望んでいない。これはツークにあるロスチャイルドの館をミサイルでは破壊しないことを意味する。その代わりに、精密探査を行う、と彼らは言っている。

ロスチャイルドは最近の南シナ海関係の中国に対する裁定を米軍とその連合の動員に利用できると考えているかもしれない。確かにペンタゴンのソースは、裁判所の裁定が下った今、正義は彼らの側にあると感じている。そこで、米国は多国籍海軍を南シナ海に派遣して裁定を守らせると脅しているので、厳しい瀬戸際外交が予想される、とペンタゴンのソースは言っている。

一方中国は、裁定が政治的なもので、人の裁判官の誰もアジア出身者ではなく、アジアの歴史や文化を理解していないと主張している。

それにもかかわらず、中国はシンガポールを仲裁者としてASEANとともに南シナ海問題を扱わせることに合意した。シンガポールにはこの地域のCIAMI6本部があるので、中国が妥協を模索していることが明らかである。

もちろん、南シナ海問題全体は彼らの米軍力というカードを、これからのロックフェラーとロックフェラーチャイルドである、米国コーポレーションと国連コーポレーションの破産交渉に利用するための前提に過ぎない。米合衆国は破産しておらず、ワシントンDCに巣くっている企業のオーナーによって今までのような方法で操つられてはならない。

一方、中東では、トルコにおいて失敗したクーデターの余波が多くの点で続いている。ペンタゴンのソースが言うには、トルコ大統領のレセプ・エルドガンは、インシルリク空軍基地で90個の米国の核兵器と1500人の空軍兵が人質に対する死刑執行令状に署名をしたかもしれない、とのことである。このペンタゴンのソースまた、トルコは東に目を向けたが、誰もエルドガンを信頼していないので、今だにロシア、イラン、イラク、およびシリアの観察下にある、と言っている。

しかし、このペンタゴンのソースはまた、ブッシュカバールは、CIAのドラッグ戦争の敗北によって、インシルリクへ、またインシルリクから引き上げつつある、と言っている。

このほかの中東で起きたこととしては、ロシアがイスラエル上空にドローンを送り込み、組織的にイスラエルの軍隊展開情報を収集している。さらに、このドローンは基のイスラエルミサイルを機能不全にし、完全な航空権の制圧をし、イスラエルの防衛力は、飛べないアヒルになった。イスラエルは今復活したカリフの中の自主ユダヤ地域になると期待されている。彼らの穏健なイスラム教徒を悪者にする偽の過激イスラムISISかかし作戦は失敗に終わったのだ

Source: Antimatrix.org


Translator: Taki Chino

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democrata

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


The Putin interviews


The Putin Interviews
by Oliver Stone (
FULL VIDEOS) EN/RU/SP/FR/IT/CH


http://tributetoapresident.blogspot.com/2018/07/the-putin-interviews-by-oliver-stone.html




Q




Subtitles in CA/CH/CR/DE/EN/FI/FR/HE/IT/JP/NL/PL/PT/SH/SP/SV/TR

To get the subtitles please click upon the small dented wheel at the bottom right side of the video and choose your language.


FOX NEWS

Followers

Google+ Followers