bf pic

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democráta

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


MANLIO

Friday, January 8, 2016

Japanese -- Benjamin Fulford: 05:01:2016



ベンジャミンフルフォードニュース 2016日 今 年はカザリアンマフィア支配を終わらせる協調作業が進んでいる
Benjamin Fulford Update - January 4, 2015
A concerted push is under way to end Khazarian mafia rule this year


現在の地政学的な、特に中東、ヨーロッパ、米国での状況は、政 権交代の気が熟している。2016年の最大のイベントは米国でのカザリアンマフィア政府の没落かもしれない。この悪と戦争の主要な源 が権力の座から滑り落ちると、2016年中に世界平和が達成されるはずである。しかしこれは受動的に世界のイベントを眺めているだけ では起こり得ず、全ての者が今年における惑星の解放を確実にすることを行わなければならない。

オバマを操り人形及びスポークスマンとして利用しているワシン トンDCの政権は、深刻な分裂に悩んでいる。多くはオバマ政権を支持し ている。しかし、事実はオバマ政権は2011年3月11日に日本で多くの罪のない人達を虐殺した事件を主導したのだ。

合法的な外交政策として外国人の虐殺を考える米国人はこの政権 は2001年9月11日の大量殺人の内部責任者を誰も処刑していないことを思い出さなければならない。しかも誰もこのイベントについ ての真実を語ろうとしていない。それに加えて、この政権はほとんどの米国人を貧困に追い込んだ幾兆ドルにも及ぶ詐欺に対する責任があ るウオールストリートの犯罪者たちを逮捕する行動をとったことがない。


ロシア政府も前ソヴィエト連邦全体での生物戦争兵器の設置に関 し不法に力を発揮したカザリアンマフィアを公に告発した。このような告発が公の外交政策として実施される時は、告発者が告発の根拠に なる証拠を握っているというしるしである。米国軍部のホワイトハットたちもこれらの生物兵器ラボの存在を確認している。

これらの戦争兵器は疾病、飢餓、および戦争を世界人口の90% の削減のためのプランの一部だった。オバマがいかに温和な表情を装うとしても、米国を支配しているカザリアンの悪漢共は数十億の人々 の殺人を犯そうとしていたのである。このことは彼らがこれを読んでいる人達およびその友人や家族を実質的に全て殺害しようとしている ことを意味する。

世界の市民の大多数は平和で暴力には反対である。しかし、誰か があなた方の家族を殺そうとしたら、あなた方には法的に防衛する権利がある。家族の防護に失敗すること自体が犯罪なのだ。

白竜会とその連合はこの大量殺人ギャングとの闘争のプロセスの 最中である。この一部として、来週には、世界最大の武術会の長であり、世界軍事および諜報機関、合法な自己防衛機関の長である朝堂院 大覚は永久に大量殺人カザリアン悪漢どもを破壊する。

すでに多くのことが行われ、特に中東で、カザリアンの代理であ る、トルコ、イスラエル、シリアのような国の航空機勢力のロシア、中国、およびペンタゴンによる飛行禁止が実施されている。

中国は世界中どこでもそのエージェントがカザリアンギャング 米国、ロシアの特殊部隊と協力して倒せる新しい反テロリズム法を制定した、とペンタゴンと中国の情報源が言っている。中国はす でにイスラエル国境近くのゴラン高原に特殊部隊を派遣した、とこの情報源が言っている。ペンタゴンの情報源がいうには、ロシア、ペン タゴンのホワイトハット、および中国の特殊部隊はイスラエル、トルコ、サウジの者と、悪者側についているアメリカ人さえも倒して いるとのことである。中国はシリアおよびイラクで活動しているウイグル人の打倒に特別な関心を示している。

トルコとサウジアラビアにおける悪魔崇拝のカザリアン政権は今 深刻なトラブルに陥っている。サウジアラビアは先週シーア派の人気が高い指導者であるニムルアルニムルの処刑によって基本的に自身の死刑宣告に署名をしたCIAの高官は言っている。真のイスラム世界は昨年のハジにおけるサ ウジ政権による巡礼者の大量殺害を忘れてはいない。彼らはかくしてサウジ政権がイスラムの聖地を守っていない、と認めた。これがサウ ジによる34か国の反テロ連合の招集が、最善でもリップサービスにすぎないと認められている理由なのだ。サウジアラビアは分割さ れ、サルマン王と彼の補佐人たちが斬首台の上に首を伸べるようになるのは時間の問題だと、彼らは言っている。


一方トルコにはオスマ ントルコ帝国を再現させようとのプランが失敗におわったことが分かっている。トルコの大きい一部を含むクルディスタンは独立国家 になる独自の道を順調に進んでいて、第一次世界大戦の最大の過ちのうちの一つを解消しようとしている。トルコの中では、弱い通 貨、インフレ、観光収入の低減、商品生産の低下を含む経済苦境が軍事クーデター発生の条件を作り出している、とペンタゴンのソー スは言う。

ロシアのFSBソースによると、過激 なイスラムロシアの側では、異端イスラム教と、それが作り出す終わりのないテロリズムを永遠に終わらせる方法として、トルコとと サウジアラビアの主要地の侵略を真剣に考えているとのことである。現在のロシアでの真の力であるロシア正教会はこのような聖戦を キリスト教だけでなく真のイスラム教の防衛のために必要だと認めている。米国の軍事勢力は現在のトルコ政権の防衛のためにロシア とは戦わないので、NATOはこのような動きに対 する障害にはならないだろう。

リビヤとナイジェリア ではカザリアン代理軍の打倒が成功を収めている。ナイジェリアでは、米軍は地元の勢力によるボコハラムの打倒を助けた。ボコ ハラムという名称は、書籍禁止という意味で、この勢力がどのようなものかよくわかるであろう。

南アメリカでも、ブッ シュ/クリントンのナルコティックな変人である、エルチャポの探索が行われている。これはカザリアンマフィアとその配下の 大銀行を支えている資金全てを遮断する進行中の作戦の一部である。

ブラジルもカザリアンが起こす危険に気づき、オリンピックの安 全を確保するためにイスラエル企業と結んだ22億ドルの契約をキャンセルした。これに関係している国際セキュリティーおよび防衛シス テム企業は、南米の専制君主の暗殺団と関係を持っていた。ブラジル人はまたイスラエル企業のマグナBSPが311の核および津波テロ攻撃の共犯だったことに十分に気が 付いている。

中国の国家安全保障省 付属の諜報エージェントも米国内、イスラエルなどあらゆる場所で、作夏の天津での小型核攻撃に対する報復を図っている、とアジア のソースは言っている。

米国内でも、カザリア ンの悪漢共は多くの点で急速に力を失いつつあるのが見られ、米国企業の大統領スポークスマンであるバラクオバマはペンタゴンの ホワイトハットによって、イランに対して宣告したミサイル制裁にブレーキを掛けられている。

さらに、米国内の企業 メディアはペンタゴンとホワイトハットに、米国内の権力構造内部で反カザリアン闘争が起きていることを明らかにさせられた。一つ の結果はセイモアハーシュが広範囲に出版している記事で、米軍は中東におけるワシントンDCの高官たちが立てた政 策実行を拒絶していると言っていることである。さらに、ペンタゴンのソースが言うには、ルパートマードックはウオールストリー トジャーナルで現在進行中のNSAとカザリアンの間の闘 争についての報告を強制されたが、これにはNSAがカザリアンの悪漢ど ものために働いている米国議会の尻軽女についてスパイ行為をしているとの記事が含まれている。

カザリアンの悪漢ども に支配されていたイスラエル政権は米国に対する支配権を失い、そのほかの世界が彼らの反社会的挙動に対して賢明であったことによ うやく気が付いた。それがイスラエルが先週テルアヴィヴでISISの攻撃下にあると見 せかけるために行った偽旗攻撃に絶対に誰も騙されなかった理由なのだ。

イスラエル政府は、壁 に描かれた、自分たちがトルコとサウジ連合から距離を置き始めた理由についての書き込みを読み始めた。イスラエルの安全保障担当 部門は、米国の支持の喪失の結果、イスラエルの生き残りは、誰であろうと中東に対して進行中の闘争に勝った者の善意に依存するこ とに気が付いている。このような時は、イスラエルがロシアに対して地面にこすりつけるほど頭を下げ始めなければならないことを意 味する。いずれにしてもイスラエル、サウジアラビア、およびトルコの政権の将来は皆、今年のバランスに左右される。

米軍がロスチャイルド のためにロシアと戦争をする気分にはないので、ヨーロッパの今年の将来も益々ロシアに左右されるようになっている。ヨーロッパの カザリアンエリートはすでに中国が設立したアジアインフラストラクチャー開発銀行(AIIB)への参加に合意をする ことによって、米国のカザリアンとの絆を絶っている。

2016年についての 真の問題は、ここ数年の間に行われている高レベルの金融戦争の中で何が起きるか、であろう。日本が主導するフィリピンに本拠を置 くアジア開発銀行の指導者によると、この前線では、最新の発展は、日本政府が秘密裏にAIIBに参加するとの決断を したことである。もしもこれが実際に行われると、ウオールストリートとワシントンのカザリアンの金融界支配者は孤立し、最終的な 敗北に直面することになる。


年末の間にヴァチカン P2フリーメーソン分派と 共産党中国の両者は白竜会にカザリアンの金融業者とギャングどもの降伏交渉支援を依頼された。白竜会は(公共、および民間の両方 の)負債免除、カザリアンが違法に取得した資産の再配布、および能力主義の将来計画機関の設立を要求した。白竜会はまた、少なく とも7兆ドルを貧困を終わらせ、環境破壊をやめ、人間の目標を将来への指数関数的な拡張への道に置くための大規模な配布戦略につ いて、透明な金融の目標を直ちに設定するとの主張をしている。カザリアンの降伏が確定するまで白竜会とその連合は多次元的な攻勢 を続けるであろう。

Webpage: Antimatrix.org

Translator: Taki Chino

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

Followers

Google+ Followers