Thursday, April 9, 2015

Japanese -- ベンジャミン・フルフォードニュース 2015年 4月6日 中国の世界乗っ取りビッドは失敗した

ベンジャミン・フルフォードニュース 2015年 4月6日 中国の世界乗っ取りビッドは失敗した
Monday, April 6, 2015
Chinese bid to take over the world fails despite support for Chinese development bank
Author: Benjamin Fulford

先週の中 国共産党政府と白竜会ファミリーの代表との間の会合では、中国が目指すところはこの惑星の支配であると述べた所から決裂した。彼らは 世界の人口の1/5を占めるのだから、世界の権力の1/5を占めることを希望すると言っている。この会合は4月4日に行われたが、こ れには大きいオカルト的な意味がある。広く報道されているように、この日は皆既日食の赤い月の日で、ユダヤの過ぎ越しの祭りの日でも あり、キリスト教の再生の祭りであるイースターにも相当する。これら全ては西側にとって良い兆候だと見られる。しかし中国人にとって は、4月の第4日は、死と死が重なって高度に不吉な日なのだ。

中国代表 は、会合が開かれたと思われる 白瀧龍王神の寺院への訪問をすることが出来ないし、する意志も無かった。中国代表にとってはこの寺院訪問は恐ろしいので、200メー トルほど離れた場所で会合が行われた。これは中国が世界支配には程遠い事を象徴していると思われる。

確かに、 中国は大事な役割を担い、2月と3月には大きい成果を得た。最も重要な成果はヨーロッパの列強と米国が、中国が提唱するアジアインフ ラストラクチャー開発銀行(AIIB)に加わるという合意が取り付けられたことだった。中国が理解し損なったこと は、中国のインフラストラクチャーに関する動きは中国の奴隷になるための投票ではないということだった。

過去数十 年の間に中国は世界最大の経済国になり、大成功を収め、記録的な数の人達を貧困から救い出し、信じられないほどの大量のセメントを製 造し、世界中に大きいインフラストラクチャーを構築し、大量の安価で質の良い装飾品を製造した。西側の経済は、対照的に政府機関の内 の主立ったものが悪意のある役立たずのギャングたちに乗っ取られたのでひどい損傷を受けた。西側は又、最近の経済と工業力の東へのシ フトに少し乗り遅れたと感じられる。

しかし、 ギャング共が今組織的に政府関係筋から排除され、その結果西側は元の様相から大きく乖離するルネッサンスを経験しようとしている。

さらに、西側がなぜ忘れ去られ得ないのか、ここで 説明が必要である。例えば科学技術について話をしよう。中国は爆薬、印刷機、紙などを発明したことで知られている。しかし、過去600年 間に中国による世界を変革させるような発明があっただろうか?

彼らは蒸 気機関、テレビ、コンピューター、半導体、インターネットを発明しただろうか?中国が大量に生産しているLEDでさえ、日本人が発明したものである。間もなく新しい中国からの発明に肝をつ ぶされると期待しているが、まだそうはなっていない。世界支配の前に、もう一つ中国が心がけなければならないことは自分たちがどれだ け西側から恩恵を被ったかである。西側は中国の経済発展のために技術的知識、教育、財政支援などを行った。西側は単に利益を得るため だけではなく、中国の近代化と繁栄を願ってそうしたのだ。

西側はと 言えば、カザリアン(ヒクソス)悪魔主義者の支配を排除するための中国の支援に永遠の感謝を捧げる必要がある。西側は又、中国が行っ た全ての財政支援に感謝する必要がある。東側も西側も中国の秘密社会が白竜会と秘密協定を結び、その連合が悪魔主義者との戦いに加 わった時を振り返る必要がある。中国は再び世界の中心になりたいと言ったが、貧困が無くなり、環境破壊に歯止めがかかった時にようや くそうなり得ると言われている。

中国は貧 困に対して、特に国内で多くの対策を講じたが、中国は世界最悪の公害発生源で、恐るべき環境記録を示していた。又、まだこれから対策 を講じなければならない貧困も多い。西側の環境破壊の防止に対する努力には誇れるものがあるが、中国が貧困に対する戦いをする場合に は、確実に二次的な立場になる。

この惑星 全体のためには、これが東西が誰に責任があるかを考えるのを止め、50/50のウイン・ウイン関係を作る必要がある理由なのだ。これ が提案されている世界連盟が必要な由縁なのである。この立場から、中国の行き過ぎにも関わらず、最終的な結論に至るまで進歩がなされ なければならない。

ペンタゴ ンは世界を7つではなく9つの地域に分けるように提案している。なぜなら南アメリカとロシアはそれぞれ北アメリカとヨーロッパから分 離したいと提案しているからだ。これは議論の対象になり、より重要な金融構造が作動するようになれば解決されるだろう。

前線で は、米国国防長官のアシュトン・カーターが今週、日本、韓国、及びシンガポールを訪問する。米国も又、この訪問に合わせて台湾に戦闘 機を展開する。アイディアとしては、もしも戦争になったりしたら米国は未だに圧倒的な軍事的優位を持っていることを中国に示そうとい うものだった。例えば、米国はマイクロウエーブで中国をたたけるエネルギー兵器を持っていて、電磁調理器の中で全ての中国人の頭を破 裂させれられるというものだ。

米国は又 中国の核兵器を無力化する技術も持っている。もちろんこの技術は使用はされないで単に米国の軍産複合体が中国と連合を組むために、中 国に服従はしないと注意するだけのことである。米軍には明らかに中東における仲の良いパートナーとしてイランと同調する考えがあるこ とは注目に値する。イランとの核プログラム交渉の間に、ペンタゴンはイスラエルの核プログラムについての詳細情報を開示した。この メッセージは明瞭で、ペンタゴンはイランではなくイスラエルを中東において核脅威を示す真の悪党だと見ているのだ。

米国上院 議員のロバート・メネンデスは最近まで上院外交関係委員会の議長だったが、ペンタゴンのソースによれば、第三次世界大戦を起こすこと を望んでいたカザリアン派の鍵となるメンバーだったので、収賄の容疑で告発された。このような目に見える活動が、否定しがたい進行中 のカザリアンの排除をしているのだ。

又多くの 目に見えない事も進行している。例えば、先週にはロックフェラーファミリーに神秘的な攻撃が行われた。下記のリンクには、ロックフェ ラーのジェネラルエレクトリッック工場で軍事攻撃としか思えない工場火災が起きた様子が見られる

先週には 又、トルコが全国的な停電に見舞われたがこれは明らかにカザリアンの拠点に対する秘密戦争の一部だったのだ。このイベントではどちら 側が攻撃を仕掛けたのか不明である。

他にはイ ラン/ペンタゴン連合とサウジ/イスラエル連合の間の代理戦争は先週冷却状態になった。これはサウジ派とイラン派の両方の代表が白竜 会と連絡を取り、長い間続いているスンニ派とシーア派の分割を一気に終わらせようとの話し合いが行われた為である。そうすることに よって双方に大量の資金が供給される、と彼らは言われた。サウジ派も政権を長続きさせたいと思うのなら、ミソジニストなどの世界的に 受け入れがたいワッハーブ派の分子共を排除しなければならないと言われた。

一方、 ヨーロッパでは、今週の見ものは、4月9日にはギリシャによるIMFへの支払いが行われないだろうとの予測である。もしも支払いが行われずに通貨ドラクマに戻れば、イタリア もギリシャの後を追うので、ヨーロッパの金融制度は致命的な打撃を被ることになる。ギリシャの支払いを支援出来るのは中国のみであ る。これがイギリス、ドイツ、フランス、イタリアなどがAIIBに参加することに合意した理由なのだ。

しかし中国は、上述のように、真の解決策を講じる 積もりはない。そのために彼らはギリシャを支援せず、金融戦争の最終的な決着を見守る事になるだろう。それは、提案されている経済計画機 関を誰が支配するのかに関する妥協に中国と日本が同意するかどうかにかかっている。


これがペ ンタゴン、スイス、ヴァチカン、英国などが既にこのような機関の創設に合意し、中国と日本の意見の不一致だけが障害になっている理由 なのだ。白竜会は日本でのカザリアンの権力からの追放によって日本のための真の日本の声を確かにする助けをしている。これはこの妥協 への道を開くだろう。

白竜会も シンガポールからの誰かを最初のこの機関の長に据えることを提案している。これはシンガポールの地球上で最貧の、背後に海をもった国 の非常に短い期間での地球上で最も豊かな国への遷移の成功によるのである。金融危機に対する解決策と新時代の始まりはある約束された 文書の到来を待っている。

Translator: Taki Chino

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democrata

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

Followers

Google+ Followers