bf pic

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democrata

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


FOX NEWS

Manlio HELSINKI

Thursday, April 30, 2015

Japanese -- ベンジャミン・フルフォードニュース・・・ 2015年4月28日

 ベンジャミン・フルフォードニュース・・・ 2015年4月28日 ワシントンD.C.が現金に苦しんでいるので、ペンタゴンは中国相手に軍事カードでゲームをしている
Pentagon plays military card against China as Washington D.C. struggles for cash
Posted by benjamin
April 28, 2015

新金融システムに関する瀬戸際の交渉が続いている 中で、ワシントンD.C.とギリシャの両方についていい加減な決算処理を続けることによって西側の破産は先週再び延期された。

支持部隊 は交渉配置に就き、ペンタゴンは中国に対して大規模な動きをしている。ペンタゴンのソースが言うには、ネパールでの先週の地震は高エ ネルギー電子波によって起こされた、とのことである。この目的は米国の国防相のアシュトン・カーターの来月に予定されているインド訪 問に先立って、中国とインド両国にメッセージを送ることであった。基本的なメッセージはペンタゴンだけが中国に対してインドを守れ ということだった。

このデモ はインド、ロシア、中国、及び日本に中国は抑制する必要がある侵略者であることの証拠として最近の南シナ海での最近の中国の動きを見 させようとのペンタゴンが起こした一連の動きの中の一つである。この動きの一部として、ペンタゴンはベトナムへの武器出荷と、フィリ ピン国内での8カ所の基地建設を終わらせようとしている、とこのソースが続けていった。このペンタゴンのソースが言うには、黄禍というロシアに深く根ざしている恐れが再び頭をもたげ、ロシアは中国に対して軍事的に対抗するよう協力するだろう、とのことである。


この騒ぎ の背景はペンタゴンの現在の主人であるワシントンD.C.が3月末に(先週のこのニュースレターで述べたように)世界に対する支払いが不能になったと言う事実であ る。今では企業メディアと米国財務省は米国が3月15日以降負債の増加に歯止めがかかった振りをしていることを確認している。

別の言い 方をすれば、彼らは帳簿をごまかしているのだ。

同じ事が ユーロの崩壊を防ぐために傷口が癒されないまま後回しにされているギリシャ危機が続いていているユーロゾーンについても言える。この 背景では東西秘密社会の極秘交渉が進行中である。白竜会、米国、アジアのソースによれば、これらの交渉では、多くの動きがあるが、基 本的な枠組みは、IMFと世界銀行の機能に代わる新しい能力主義的な機関の設置が合意された、とのこ とである。交渉の妨げにならないように一般にはまだ明らかに出来ない多くのことがある。しかし、英連邦、ヴァチカン、中国、ペンタゴ ン、及びBRICSは広範囲の原則について合意に達している。

これにつ いての確認は今多くのレベルで見られる。先週述べたように、ヴァチカンは4月28日から始まる高レベルフォーラムでこの問題を討議す ることになっている。今英国情報部との繋がりがあると信じられている、アルクイン・アンド・フラッターバイが米国の民主主義が如何に 専制主義者によって取って代わられたかの様子と、解決策としての能力主義の提案について詳細に説明している小論文と共に出現してきて いる。

この新組 織と新システムの宣言準備のための厳密にアナログベースの高レベル金融文書と手書きの文書が作成されている。しかし、アナログ通信は のぞき見に対しては安全で、速度は遅く、未だにこれら全てが一般に公表されるのが何時になるのか正確に予測するのは時期尚早である。

一方、ペ ンタゴンが運営しているベテランの今(Veteran's todayは一般大衆からアメリカ画集国を奪い取ったカザリアンマフィア専制主義者についての非常に詳細で継続的な情報を発信してきている

カザリア ンはそれ故に、命を賭けて戦っており、米国の軍産複合体内部の内戦に関する動かし難いしるしが見られる。これはペンタゴンによっても ロシアによっても観察されている。例えば、シリア政府に組する、及び対抗する二つの米国軍事勢力がいると、両者のソースは言ってい る。今サウジアラビアを守らないようにとペンタゴンに言われているエジプトは、リビヤへの侵攻の準備を進めている、とはモサドのソー スからの情報である。ヨーロッパの勢力はエジプトにリビヤの油田の支配権を提供し、その代償として大規模なヨーロッパへの親ISIS勢力のアフリカ難民の流入を止める支援を得ると言う提案をした。イラクでも同 様に、イスラエル/サウジのISIS代理軍である西側の傭兵に味方し、同時に対抗して戦うという複雑なゲームが続 いている。

終わりの ゲームは中東に於ける穏和なスーフィームスリム連盟になり、古くからのスンニ/シーアの分割に対する終わりであろうと思われる。とこ ろでこの分割は20世紀までにカザリアンが中東を分割し統治するために古いかさぶたを剥がした時に遡る。

今週には 日本の安倍晋三首相によるワシントンD.C.でのパフォーマンスが見られよう。安倍は、最近のイスラエル首相のベンジャミ ン・ナタニヤフの演説を段取りした者と同じカザリアンの人形遣いに、米国の上院と下院の合同議会で演説をするように招かれたのだ。安 倍は、カザリアンである主人破産防止のために日本の年金資金、郵貯、農林中金からお金を盗んだ褒美として(人形遣いであるマイケル・ グリーン、リチャード・アーミテージ、ジェラルド・カーティスなどが書いた)原稿を読むように招待されたのだ。

しかし、カザリアンが日本に押し付けようとしてい るTPP合意に規定されているように、日本政府を専制者たちの支配に追従する位置に置くとの合意をすることによって、日本の尊 厳を減じるような署名を避けるようにと、日本の国粋主義者たちからの妨げを受けたと当記者は聞いている。別の言い方をすれば、安倍の訪問 ではパーフォーマンスの割には実質は少ない、ということだ。

韓国は、安倍の政府がしたいと思っているよりも遙 かに強い決意をもって動いている。彼らの米国への反抗と、中国主導のアジアインフラストラクチャー投資銀行(AIIB)への参加という決断の背後には単なる金融的な関心以上のものがある。4月16日は、約300人の韓国のエリート養成学 校生徒の行方不明に繋がったフェリー災害の一周年記念日だった。韓国の王室関係のソースによれば、フェリーからはほとんど遺体が回収され なかったとのことである。この事件を思い出してみると、初期の報告では、沈没は爆発が起因だったとのことであった。後の報告には、この点 が欠けている。


更に、こ の時にこの海域には未知の潜水艦がいたとの報告がある。ナチは第二次世界大戦後に世界的な潜水艦ネットワークを保持していたことが知 られている。ナチは又第二次世界大戦中に南半球の秘密の目的地に数千人の科学者と、多くの16歳から24歳のブロンドの女性を集め た。以下の事は憶測だが、ナチによって若い朝鮮人が誘拐される機会があっただろうと思われる。純粋なアーリアの血を保つというナチ本 来の観念が近親交配と遺伝子的な欠陥に至ったと推測するのは意味があるだろう。何時かはこれら全てが明るみに出るだろう。

先週米国 Xファイルタイプの事件があった。以下の論文によると、

コロラド 警察が報告するには、ある男が自分のコンピューターを殺害したとのことである。この論文は嘘かもしれないが、発展段階のこの時点 である警察官によるコンピューターの射撃はその殺害に相当すると考えたかもしれない。別の言い方をすれば、人間と人工知能のよう な益々人間にちかづいてくるものの間の関係を処理している内に、私たちは未知のエーテル世界に入っていてるのかもしれない。どのよう な時点でロボット或いは性人形の虐待が動物虐待と同じレベルだと見なされるようになるのだろうか?コンピューターの射撃が何時殺人と みなされるようになるのだろうか?より高度なレベルでコンピューターが人間に代わり始めるので、これらは真剣に考えるべき事になって いる。

中国人も これまではタブーだったゾーンに初めて入り、人間の胚芽遺伝子を変えようとしている。コンピューターが二年毎に処理能力を倍加してい る間に人間は自分の遺伝子の改善を妨げられてきた。もしも中国人が遺伝子工学によって大量の超天才を製造し始めたとしたら、残りの私 たちはネアンデルタール人の運命に従っていると非難され、遺伝子強化のホモシネンシスに置き換えられるのだろうか?

世界では 古いシステムが不可避の崩壊を続ける一方、私たちが入りつつある未知の新世界を処理する新しい組織構造に急速に追いつく必要がある。 これらは現在のシステムでは不可能で、有能な者たちだけが対応できる問題である。

Translator: Taki Chino

bruxelles

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

Followers

Google+ Followers