bf pic

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democráta

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


MANLIO

Thursday, April 2, 2015

Japanese -- ベンジャミン・フルフォード・・・2015年3月 30日 世界連盟への提案



ベンジャミン・フルフォード・・・2015年3月 30日 世界連盟への提案
Benjamin Fulford - March 30th 2015: Proposal for world federation has now been passed on to key power centers
30 March 2015

白竜会は恒久世界平和を達成し、前例の無い進歩と 繁栄の黄金時代を始めるために、世界連盟(新世界秩序、NWOは違う)の創設を提案している。この提案は進行中のペンタゴン、ヴァチカン、中国、英国、及びその他の権力中枢との 秘密交渉の間に行われた。

この提案の下に、国連の安全保障理事会は七つの主 要地域グループの政治的合意を代表する人々に置き換えられるだろう。これらはアフリカ、中国、中国を含む東アジア、ロシアを含むヨーロッ パ、インド、イスラム世界、及び南北アメリカである。決定は多数決で行われ各地域は自分の地域に関する事項についてのみ拒否権を発動出来 る。各地域は自身の官僚的計画機関と人民所有の中央銀行を所有する。

それに加えて、官僚的将来計画機関は当該領域を大 きく変える大プロジェクトの計画のために設立される。世界銀行、IMFのような現在の国 際機関で優れた経歴を有する技術官僚はこれらの地域機関に加わるように招かれる。

ペンタゴン、中国の軍隊、及びロシアの武装力も惑 星保護軍の形成のために次第に統合されて行く。

これまでの所、ペンタゴンと各期間、P2ロッジ(ヴァチカン)、中国、ロシア、ドイツ、及び英国はこのプランを支持する署名をした。

このような構造の創設は全ての国際論争を調停、裁 判、或いは戦争ではなく、スポーツ的イベントを通じて解決することを可能にする。

それは貧困を解消し、環境破壊を止めさせ、新生生 態系を創造し、何よりもまず宇宙探検をする前例の無い作戦のために数十兆ドルに相当する資金を放出させる。

公共面では、新システムは原則として合意を得てい たという強い証拠がある。中国がアジアインフラストラクチャー開発銀行(AIIB)の設立を宣言 したときには、ワシントンのカバールはその連合に対して参加しないように他の国に申し渡したにもかかわらず、それ以降、オーストラリア、 ブラジル、カナダ、英国、フランス、ドイツ、韓国、ロシアなど全ての国が参加を表明した。この事実はIMFと世界銀行にもその支持を表明させた。言い方を変えれば、連邦準備制度理事会(FRB)の秘密の支配者たちが支配権を失ったということである。

古い金融 システムに残されたものは機能的リテールシステムと非機能的制度の複合である。別の言い方をすれば、株式市場、証券市場、ヘッジファ ンドのようなすでにとっくの昔に実世界から離れて行ったものを除いては、給与、電子的請求書などのようなものは、未だに街角で現実 ベースで処理されている。世界の総所得が100兆ドルに留まっているのに、スーパーコンピューター、アルゴリズム、及びその取扱者は 相互に兆、京、垓 ドルといった高額の単位のお金を取り扱い、現実から完 全に遊離している。この全てから栓が引き抜かれようとしている。

悪魔信仰をしている、旧システムを支配していたカ ザリアン(ヒクソス)ファミリーは、今募金集めのワゴンを先祖の土地であるサウジアラビア、エジプト、及びイスラエルに回している。これ が”アラブ”軍の宣言の背後にあることなのだ。ヒクソス国家が実際には悪魔信仰者に操作されている事を知っているので、トルコ、イラン、 マレーシア、インドネシア、パキスタン、及びその他のイスラム国家が参加していない軍隊はイスラム軍ではない。ヒクソス国家はペンタゴ ン、トルコ、イランの勢力に攻撃されていて、間もなく降伏するだろう。宣伝用のニュースではこの攻撃は、一つは米国/イランのISISに対する攻撃と、他はサウジ/イスラエルのイエーメンに対する攻撃の、二つの別々のイベントだとして説明されている。

その他の中東以外の場所でのカザリアンが強い場所 は米国の南西部、西ウクライナ、及びロシアの大衆の一部である。これら全ては撃退されつつある。

米国では特殊部隊が、実際はその土地での悪魔的 ネットワークに対抗する動きとして、テキサス、ユタ、ネバダ、アリゾナニューメキシコ及びカリフォルニアで”演習”を行っている。

ウクライナでは、ドイツ/ロシアのタスクフォース がカザリアン支配の軍事勢力とギャング勢力を解体している。

ウラジミル・プーチンの神秘に関するロシアからの 情報もある。下記のロシアからのビデオでは、複数のプーチンが見られるだけでなく、ボリス・エリツィン、やツァーのコピーも見られる。

下記の画像にも種々のプーチンが見られる。最近の ロシアからの情報からでは当記者にも最終的にはっきりしたことは分からない。幾年もの間、中国、やくざ、ペンタゴンを含む複数のソースが 西側の多くのリーダがクローンで置き換えられていると指摘している。これはあまりにも不可解なので、私自身はこれまで記事にしたことはな かった。
参照: ”Putin appears in public after week of MSM hysteria”

しかし、今、歴史的な情報を振り返ってみると、ク リーンビジネスの背後にあることが何かが分かった。ヒクソスの祖先は現在のトルコのアナトリアにいたヒッタイトだった。ヒッタイトの指導 者たちは終わりの無い権力闘争で常に殺害されていた。ヒクソスはこの問題を王座に人形を据えて解決し、真のリーダーを秘密にした。これら の人形は本物が殺される都度類似している者に置き換えられる事が出来た。

日本のやくざがかつて当記者に語ったところによれ ば、殺害されたジョージ・ブッシュ・シニアはクローンに置き換えられた。同様なことを英国についても聞いたことがある。又北朝鮮のキム・ ジョン二世もクローンに置き換えられたと聞いている。これが可能かどうかについては超自然又は未知の科学を祈る必要はない。それは単に何 人かの類似人物を見付け、これらの人物を公共イベントの時にリーダーのように振る舞うように教育するだけの問題なのだ。真のリーダーは背 景にいて暗殺の恐れなく統領としてのシナリオを書くことになる。

問題はも ちろん誰が真のシナリオライター、もしくは秘密のリーダーであるのかを見分けるか、ということになる。インターネットと進行中である 人々の世界的な目覚めのために、多くのクローンたちがすでに暴き出されている。

私たち全 てはロスチャイルド、ジョージ・ソロスタイプのフリーメーソン、グノーシス派のイルミナティ、P2分派などを知っている。これらの秘密グループの全てに共通な事は強い影響力を 持つ者たちが秘密の内に会合し、合意を形成しているといことだ。彼らはこうして、例えば首相のような彼らの人形を操り、秘密の内に 行った決定事項を実行させるのだ。

しかし、今悪魔崇拝のエリートの為にではなく、平 均的な人間のために戦っている善意の秘密グループも存在する。彼らは悪魔主義者による暗殺を避けるために秘密でいる必要がある

戦いは今悪魔主義者たちが赤、青、及び白竜会とそ の連合にたいして降伏交渉をしていると言う段階に達している。

MI5のソースによると、”ドイツ、イタリー、スペインなどの救済をするよう英国の金融界に対する大規模な呼びかけによっ て、銀行EUの金融崩壊の舞台裏工作交渉が行われている。”このシナリオは遅かれ早かれ、確実に夏を越す事になるだろう。

更に、同じソースによると、”先週木曜日に議会は 選挙準備のために権力から切り離された。この効果として、国は今、5月7日以降に新政府の管理下に入るまでの間、内閣事務局と内閣官房長 官兼公務長官のジェレミー・ヘイウッドに率いられている。別の言い方をすれば英国は今官僚支配政府の管理下になっているのだ。

米国も今は実際上ペンタゴンと諸機関による官僚政 府になっている。一方日本では、政権交代の準備が進んでいる。日本独立党がカバールのかいらいである安倍晋三の逮捕を要求しているので、 天皇の米国ベースの代理人が白竜会に連絡を取ってきた。ブッシュ一派も交渉を求めている。


Translation: Taki Chino

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

Followers

Google+ Followers