Wednesday, August 3, 2016

Japanese -- Benjamin Fulford: 01:08:2016

ベンジャミン・フルフォードニュース 2016年8月1日
English -- Benjamin Fulford Update
Israel, Saudi Arabia, Malaysia, France, Italy and Germany next on list of countries to be freed from Khazarian mafia
August 1, 2016

大量虐殺者であるカザリアンマフィアの手から人間を解放するための戦いがうまく進んでいて、戦後秩序が崩壊し続けているので、世界の混沌が増す中で、複数の前線での大勝利が得られている。

最大の動きが今中東で起きつつあり、ここでは今、カザリアンマフィアの支配からトルコが脱却し、ロシア、ペンタゴン、シリア、トルコ、イラン、およびエジプトの連合がイスラエル、イラク、およびサウジアラビアの人々の解放の準備を進めている。これはカザリアンマフィアのブッシュロックフェラークリントン(BCR)一派への中東のオイルマネーの供給を遮断する。

大きい発展が起きつつあるそのほかの場所はヨーロッパである。ドイツ、フランス、およびイタリーの官僚は今ヨーロッパを、いまだにワシントンDCとニューヨークを制御しているカザリアンマフィアのBCR一派の手からの解放をするロシアとの軍事連合をおおっぴらに要求している。このヨーロッパの動きはそこでの銀行システムの崩壊の準備のために起きていて、これは今月中にも行われようとしている。


ロスチャイルドの追従者である、マレーシアのナジブ・ラザク首相がマレーシア人民から奪い取った資金を乗っ取ろうとするBCRの作戦としてマレーシアで行われている泥棒たちの間でも大きい戦いが行われている。

それからいうまでもなく、BCRの候補者であるヒラリー・クリントンが先週自分の評判と彼女の後ろ盾となっているカザリアンマフィアの評判を破滅的に落ち込ませるという動きの中で、厚かましくも民主党大統領候補指名を盗み取ったので、米国での戦いは荒れ狂い続けている。この戦いは始まったばかりで、11月に向けて激しくなる一方で、米国内での内戦にまで発展する可能性が非常に高い、と複数のソースが言っている。

米軍トップのジョセフ・ダンフォードが要人との緊急会合のために7月31日に飛行して訪問したトルコでの状況をつぶさに見てみよう。トルコ政府高官が、米国がトルコ政府の転覆を図ったとあからさまに非難し、トルコ軍が核武装をした米軍のインシルリク空軍基地を取り囲んだのでこの会合が行われた。この会合では、ダンフォードはトルコの対応する要人にアフガンのヘロインとドラッグマネーがインシルリクから流れるのを遮断したら、米国とイスラエルをカザリアンマフィアの支配から解放する戦いの役に立つ、と語った、とはペンタゴンのソースが言うことである。最近の世論調査ではたったの7%しかこの国での米国の存在を支持していないことがわかったので、ダンフォードは和解の手段をとらざるを得なかったのだ。

ダンフォードはまた、トルコの対応する要人にペンタゴンは米国と世界のその他の国をカザリアンマフィアから解放するためにロシアと連合すると説明した、とペンタゴンのソースは言っている。この証拠として、ペンタゴンは米国の最新のスパイ機をロシア中央に着陸するように命じたと、このソースは言っている。米国もロシアのスパイ機に米国がいかなる軍事的な動きもしておらず、ロシアに対する核先制攻撃をもくわだてていないことを確認するための、米国の領土上空での飛行を許している。

今や中東で支配的な立場に立っているロシアは、悪漢国家に対する大きい動きの一部としてイスラエルへの全てのオイルの流れを遮断するように、とトルコに言った。シリア、イラン、ヒズボラへの地上攻撃用の最新型航空機やその他の最新兵器、プラス、イランへの航空防衛用-300ミサイルの供与を含むこのほかの動きもある。ロシアはまた、イスラエルの軍事配置の詳細情報を得るためにドローンを送っている。ゴラン高原とイスラエルの国境全体に沿ってのシリアによる強力な砲爆撃が行われている、とイスラエルの諜報筋は言っている。

この全ては悪漢国家イスラエルが違法に占拠している地域の奪還への前章だ、とペンタゴンのソースは言っている。このエンドゲームの結果、イスラエルが、復活した穏健なスーフィ/スンニ/シーア各派のカリフの中でのユダヤ自主地域になることになるだろう、と白竜会のソースは言っている。擬似イスラム悪魔崇拝の異端派サラフィストはこのイスラム各派の緩やかな連合の中では、どこにも居場所はないだろう。

異端派サラフィストについて言うと、サウジアラビアという擬似イスラムのカザリアンコロニーも危うくなっている。これについての最新の証拠は、破産したサウジアラビアの中で列を作っている飢えに苦しむ万人のインド市民の緊急支援食料を、インドが供給していることだ。

サウジが降伏しないままでいれば、自分たち自身の飢えに苦しむ市民のための食料支援を要求するようになるまでは長い時間はかからないだろう。サウジの王子たちがイスラエル政府へのセックス奴隷として提供されているという報道もある。

これらの報道は、サウジの王子にドラッグを飲まされ、誘拐され、ポール・ウオルフォリッツやドナルド・ラムズフェルドのような者のためのセックス奴隷にさせられたとのイタリーの女性による声明とも一致する。サウジアラビアで10年もの間セックス奴隷としてとらわれた後に逃亡してきたこのイタリー女性は、今ヴァチカンの保護下にある。全てのサウジの資金は米国における支配権の維持のためのBCRの選挙運動につぎ込まれたので、サウジには資金がなくなっている。

最近、マレーシアのナジブ・ラザク首相が持っている米国内の資産を差し押さえようとした事件の背景には司法省がいることは明らかである。ヒラリー・クリントンの訴追を拒絶した米国司法長官のロレッタ・リンチは差し押さえたラザク首相の資産は殆ど絶対にマレーシア国民に返還しないだろうと、CIAの東アジア担当のソースは言っている。その代わりに、カザリアンマフィアのBCR一派が、競争相手であるロスチャイルドを告発して米国と東南アジアにいる彼らの追従者たちの資産を差し押さえるのは、彼らのたくらみのほんの一部なのだ。同じようなやり口で、ムアマール・カダフィ政権を転覆させた後で人々から1500億ドルの価値のものを盗んだリビヤですでに実績がある、とこのソースは言っている。

7月31日のニュースフラッシュで伝えられたところによれば、ナジブは今マレーシア航空370便についての証言などと交換に、資産の少なくとも一部を取り戻し、カザリアンマフィアの暗殺者からの保護をするように交渉中だ、とアジアのCIAソースは言っている。いずれにしても、マレーシアにおける状況はこの国から略奪をするためのロスチャイルド一派とBRC一派の戦いの場としてますます混迷の度が深まっている。

タイでもまた異常な状況が生じている、とこの国におけるCIAのソースが言っている。タイ政府はこの国における全ての外国(西側所有の金鉱山に操業の停止を命じた。彼が言うには、タイにおける経済は破綻している、とのことである。外国所有の金鉱山閉鎖の動きは、カザリアンマフィアによる、不換米ドルおよびユーロの物資におよる裏付けの可能性を排除する進行中の動きの一部である可能性がある。インドネシアとフィリピン政府はカザリアンの悪漢につながる金採掘を停止させる同様な動きをしている、といくつかのソースが言っている。

殆ど確実に関連している動きとして、東京商品交換所は上海金交換所と並行して金の物理的な供給交易を開始した。

このほかの大変化の急迫のしるしは、ヨーロッパからもたらされているが、モンテ・パスキ銀行が市場全体の資本の5.6倍に相当する50億ユーロの救済を受けたとのことである。これはこの銀行は、イタリアとフランスの銀行システムを崩壊させる最初のドミノにはならないという意味である。

この救済と並行してフランス立法院のメンバーがクリミア半島を訪問し、ロシアによるこの半島の併合を支持する話し合いをしたのは、銀行救済とは別の話である。

フランスの一般誌がフランスとロシアの連合、およびNATOの廃止を要求したのはまったく別の話である。

多くの影響力が大きいドイツの雑誌も、犯罪的に堕落したNATOを廃止して、ヨーロッパとロシアの連合に置き換える要求をしている。

ウクライナでのカザリアン・ナチクーデター政府が困難に陥っているのは不思議ではない。ウクライナでは、ナチ・ウクライナ政府の殆どのリーダーたちがこの国から離れていったので、ロシアとウクライナの正教会と並行してカソリック教会が組織した大きい平和デモが行われている。

今ヒラリー・クリントンの周りで、献金箱を回している彼らの手先が、米国内で全ての権力の座から排除された時には、カザリアンマフィア支配の最後の崩壊が見られるだろう。

あらゆるところで広く報道されているので、ヒラリー・クリントンが先週民主党大会を盗んだときに起きたことは要約だけにとどめることにする。漏洩したメールによってヒラリー・クリントンが代表指名を盗んだことが示された結果、彼女はブーイングを受け、大会の半数以上の出席者が会場から去って行った。

司法省が彼女に対するファイリング違反の告訴から退いたので、今ではクリントンファウンデーションの犯罪活動を捜査しているのは、IRSとFBIである。

ヒラリーとそのクルーが民主党のEメールのハッキングをロシアのせいにした時、上院の情報委員会でロシアに対する責任のなすりつけには辟易とすると述べたのは、国家情報委員会のジェームズ・クラッパーその人だった。

BCR犯罪者たちの情報のハッキングを行ったのは、ロシアではなく、愛国的なアメリカ人なのだ。


少しあとずさりして、全体像を見ると、ヨーロッパ連合がいなくても、今やBRICS連合が世界の人口の85%、GDPの60%、経済成長の80%を占めている。白竜会の代表は最近、カザリアンマフィアは死ぬ寸前のライオンのようなもので、最善の政策は、それと戦うよりも、それから離れ、自然に任せる方が良い、と述べた
Translator: Taki Chino

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democrata

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


The Putin interviews


The Putin Interviews
by Oliver Stone (
FULL VIDEOS) EN/RU/SP/FR/IT/CH


http://tributetoapresident.blogspot.com/2018/07/the-putin-interviews-by-oliver-stone.html




Q




Subtitles in CA/CH/CR/DE/EN/FI/FR/HE/IT/JP/NL/PL/PT/SH/SP/SV/TR

To get the subtitles please click upon the small dented wheel at the bottom right side of the video and choose your language.


FOX NEWS

Followers

Google+ Followers