FREE JULIAN ASSANGE

 

CROATIAN   ENGLISH   GREEK   NEDERLANDS   POLSKI   PORTUGUESE   ROMANIAN  SPANISH  РУССКИЙ

What part will your country play in World War III?

By Larry Romanoff

The true origins of the two World Wars have been deleted from all our history books and replaced with mythology. Neither War was started (or desired) by Germany, but both at the instigation of a group of European Zionist Jews with the stated intent of the total destruction of Germany. The documentation is overwhelming and the evidence undeniable. (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11)

That history is being repeated today in a mass grooming of the Western world’s people (especially Americans) in preparation for World War IIIwhich I believe is now imminent

READ MORE

 
 

Thursday, November 5, 2015

Japanese -- BENJAMIN FULFORD: 02:11:2015

ベンジャミン・フルフォードニュース 201511
November 2, 2015

イスラエルという悪漢国家は電磁遮蔽状態にある。つまり、 軍用機は離陸できず、軍艦は港から出港できない状態にある、とペンタゴンの高官は言っている。米軍とロシア政府のソースはイスラエル F16ジェット戦闘機がラモン軍事基地からハロウイーン当日に発進 し、サウジの砂漠でロシアの民間旅客機を撃墜し、224人の乗客を殺害したという事実に合意したので、封鎖が強化された。イスラエ ルは今砂箱の中に閉じ込められ、ガザを砲撃するか、航空機を撃墜するかしかできない。とペンタゴンの高官は付け加えた。航空機の撃 墜はまたロシアに合法的にイスラエル自体を攻撃する道を開いたと、この高官は述べた。

イベントの拡大はロスチャイルドファミリー、中国共産党、グ ノーシス派のイルミナティ、ペンタゴンなどにWDS(白竜会との交渉に代表を送らせる結果になっている、とWDSのソースは言う。この打撃でもしかし、この記事が発表される時 点では、交渉は進むものの結論には達しないというだけで十分である。

ロスチャイルドファミリーの代表は、最近では、2011 11日の日本に対する核攻撃の直後にWDSに交渉に行った。 ロスチャイルドはこの攻撃は広域東京から 千万人の人間を避難させようとした意図した通りにはならず失敗だったと言った。彼はまた、ロスチャイルドが支配している雑誌エコノミ ストの2015月号の表紙に矢印で示した11.311.511日と11日に何か計画があることを示すものではないと 言っている。それにもかかわらず、WDSが言うには、ロスチャイルドは311攻撃に果たした役割につい て補償金を支払わねばならず、さもなければ重大な結果を招くことになるとのことである。


アレクサンダー・ロマノフという名で呼ばれているグノーシス 派のイルミナティの代表もWDSに連絡を取ってきた。彼が言うには、イルミナティは11 恐怖の大攻撃を計画していると言った。ロマノフは日本が核で脅されるとの、311に先立っての警告を発したのち、精神病院に強 制入院させられた。新しい攻撃の場所として最も可能性が高いのは、テキサスである、と彼は言っている。イギリスのMI6によると、これはテキサス州アマリロにある核物質の再処理プラ ントであろうというのが、最もうがった見方である、とのことだ。彼はまた、一気にブッシュ・ナチオニストマファイアを叩き潰す動きに ついても述べたのかもしれない。

一方で、ペンタゴンと諸機関の者たちが言うには、いかなる大き く、新しい、テロリストによる大量殺りく事件はカバールのエージェントとファミリーに対する一斉攻撃の信号である、とのことだ。

そのうちに、カザリアンマフィアが最終的に降伏し人間の自由が 確保されるまで、彼らの世界中での作戦の遂行不能に向けて圧力が高まるだろう。ロシアは、エジプト政府から、エジプトの基地使用の許 可を得てシナイ砂漠とリビヤにおけるイスラエルの代理軍隊を攻撃できるようになったと言われている。日本、イエーメン、及びウクライ ナにおける核兵器使用の報復として、イスラエルとその代理軍隊であるISISに対しては核兵器使用の可能性がある、と言われている。

レバノンでは先週、サ ウジの王子がトンのアンフェタミンとコカインを輸送しているところを拘束されhttp://nypost.com/2015/10/28/saudi-prince-busted-with-two-tons-of-isis-drug-and-cocaine-on-his-private-plane-officials/、ロシア首相のウラ ジミル・プーティンとCIAの副長官であり、ペン タゴンによるとISISの真の長であるデー ヴィッド・コーエンにサウジアラビアのサルマン王から熱烈な呼びかけが行われるという結果 になった。コーエンはレバノンに飛んだが、解放交渉は失敗に終わった。彼はまた、シリアでのISIS勢力に指令を与えてい て拘束されたイスラエルの将校の解放にも失敗した。

王子の解放の失敗はロシア、ヒズボラ、ペンタゴン、イラン、シ リア、イラク、イエーメン、そして今ではエジプトの、イスラエル、サウジアラビア、及びカタールに対する連合を強化した。

サウジアラビアはコロンビア人、フランス人、ほかの傭兵を雇っ て自分たちの代わりに戦わせているが、これらの軍人だけではロシア、ペンタゴン及び彼らの連合が、この悪の国を敗北させ、降伏させる のを止められない。トルコ大統領のリセプ・エルドガンは大統領職に留まりたいのなら、この事情を理解しなければならない。

イスラエルを妨害しているペンタゴンとロシアの勢力はこの悪の 国が違法に占領したすべての地域を放棄し、犯した罪に対する膨大な補償を支払わなければならない、と言っている。

WDSはロスチャイルドファミリーの代表に対して、ファミリーが詐欺 的な私的所有の中央銀行による負債奴隷制度を通じて盗み取った世界の全ての富に関して同様なメッセージを発した。いずれにしても、 ヨーロッパの政府証券の半数以上の取引とマイナス金利、日本と米国の真の経済の破綻で、このシステムが崩壊するまでは時間の問題だけ なのだ。

ヨーロッパ諸国は崩壊しつつあるシステムに対する支持を希望し て中国の方に転向しつつある。フランス、ドイツ、及び英国の全てがこれを念頭に置きながら先週中国と首脳会談を開き、或いはこれから 開こうとしている。

ヨーロッパ諸国は、自分たちの金融システムと中国元とリンクす ることによって、米国の連邦準備理事会FRB)というカザリアンマフィア支配の組織の内裂から距離を置きたい と思っている。

中国ヨーロッパの再近に対抗して、ペンタゴンはロシアや他の 国との中国がアジアに対する軍事支配を及ぼさないように忙しく作業を進めている。

この目的のために、南シナ海での領土紛争に関する中国に対する 優位性を確保させるためにベトナムに核兵器と先進の武装が供与された、とペンタゴンのソースは言っている。中国が領海であると主張す る南シナ海への米国の戦闘艦の派遣は、ワシントンと中国の間のいかなる金融取引にもかかわらず、アジア諸国を防衛する用意があること を中国周辺諸国に確信させるペンタゴンの動きであった、とは複数のソースが言うことである。

中国側は、これらの問題のWDSとの話し合いのために代表団を派遣した。中国は、歴史的な差に ついてアジアの近隣諸国との紛争へと、カザリアンに操作されないようにと告げられた。中国はまたWDSに米国から唯一の世界の超大国としての立場を引き継ごうとの野 望を持たないようにとも告げられた。そうではなく、彼らは合理的にも、中国は世界人口の20%を占めるのだから、国際機関と国際権力 20%を占めればよいと言われた。

この会合に引き続いて、韓国、中国、及び日本の首脳会談が先週 韓国で行われ、そこでは日本の安倍晋三首相が再び太平洋国家主義者として生まれ変わったように見えた。

幾年にも及ぶ事件操作、慰安婦としての問題に関する憤り、 小さい島に関する紛争、等の問題は最終的に書類上で解決される見通しである。韓国大統領のパク・グエン・ヒエもこの種の問題に対する カザリアンが勧めた日本の餌に食いつかなかった。参加国は今や前進をし、関係を後戻りさせないと合意した。

安倍とパクの調子の突然の変化は外部の無関係な者が起こさせた 些細な喧嘩を終えるべきだということを明確にした新しいペンタゴン首脳であるジョセフ・ダンフォードの韓国訪問と繋がりがあるかもし れない。

安倍の調子の変化はリチャード・アーミテージュ、ディック・ チェニーなどが日本で行ってきたことがどんなことかを正確に調べるためにダンフォードが日本を訪問しようとしているという事実と繋 がっているのかもしれない。ペンタゴンのソースはアーミテージュを処分すると約束している。この一部はすでにアフガニスタンでの アーミテージュのヘロインビジネスの崩壊として始まっている。アフガニスタンで爆撃された国境なき医師団の病院はヘロインの配布セン ターだったことが今や明らかである。ロシアのタス通信によると国境なき医師団は東ウクライナから放逐された。なぜなら彼らはドラッグ を扱っているからだ。

リチャード・ロスチャイルドの飛行機事故による殺害はブッシュ マファイアの国境なき医師団組織を乗っ取り、前線として利用しようとの動きの一部であることが明らかである。ロックフェラーファミ リーのソースが言うには、リチャードはブッシュとその仲間のカザリアンナチスが疫病エボラをはやらせようとしているとの内部告発をし ようとしたので殺されたとのことである。時が語るであろうが、このかつては高貴だった組織が闇の側に乗っ取られたことが今明らかに なっている。

一方で、南米のソースはコロンビアのコカイン生産地の中心にあ るカリという都市の市長を務めているモーリス・アーミテージュという者がいると指摘している。

彼はリチャード・アーミテジュによく似ていて、確認はされてい ないが、リチャードがブッシュのドラッグビジネスを運営し、モーリスがコカインの処理をしているように見える。

いずれにしても、悪漢集団カザリアンのブッシュナチオニスト分 派の資金源であるヘロイン、コカイン、及びアンフェタミンビジネスの共同崩壊作戦が行われている。トンのアンフェタミンを扱ってい たサウジの王子の拘束はこの明らかな例である。ジェブ・ブッシュの大統領選が資金不足になるのは不思議ではない。

まだ多くのことがなされなければならないが、世界のニュースを 見守っている全ての者にはナチオニストが力を失っていることを否定できない。第二次世界大戦時と比較すると、今はナチの敗北が必然に なったのに、戦闘が残っていたのと同じ状況である。私たちが頑張れば、2016年までにはこれらのナチオニスト犯罪集団を永遠に葬り 去ることができるだろう。

Webpage: Antimatrix.org


Translator: Taki Chino

 

ARRIVING IN CHINA

Ver a imagem de origem



Kriegsgefangenenlager in Amerika


Von Larry Romanoff, 02. Juni 2020

Übersetzung: K.R.

*

Hinweis an die Leser: In Anbetracht der immensen Bedeutung dieses Themas leiten Sie diesen Artikel bitte über Ihren E-Mail-Verteiler weiter und posten Sie ihn in Ihren Blogs, Internetforen usw., mit der Bitte, dass jeder, der irgendwelche Details oder Familiengeschichten kennt, die Licht auf diese Ereignisse werfen könnten, diese bitte direkt an den Autor unter 2186604556@qq.com weiterleitet.


DEUTSCH ENGLISH ESPAÑOL ITALIANO NEDERLANDS PORTUGUÊS SVENSKA

Diese Geschichte hat alle Voraussetzungen, um sich für eine Verschwörungstheorie zu qualifizieren und macht vielleicht keinen Sinn für Sie ohne einige Hintergrundinformationen über den Zusammenhang.

Bevor die USA in den Ersten Weltkrieg eintraten, wurde eine enorme, jahrelange antideutsche Propagandakampagne von der Creel-Kommission entfesselt, die von Walter Lippman und Edward Bernays geleitet wurde, letzterer war ein Neffe von Sigmund Freud. (1) (2) Die öffentliche Literatur griff alles Deutsche in Amerika an, auch Schulen und Kirchen. In vielen Schulen wurde den "reinen Amerikanern" verboten, die deutsche Sprache zu unterrichten, und die Verwalter wurden aufgefordert, "alle illoyalen Lehrer", also alle Deutschen, zu entlassen. Die Namen unzähliger Städte wurden geändert, um ihren deutschen Ursprung zu eliminieren: Berlin, Iowa wurde zu Lincoln, Iowa. Deutsche Lebensmittel und Namen von Gerichten wurden aus den Restaurants verbannt; Sauerkraut wurde zu "Freiheitskraut", Dackel wurden zu "Freiheitshunden" und Deutsche Schäferhunde zu "Elsässern".

LESEN MEHR

bf pic

APPEAL


APPEAL TO THE LEADERS OF THE NINE NUCLEAR WEAPON STATES

(China, France, India, Israel, North Korea, Pakistan, Russia, the United Kingdom and the United States)

中文 DEUTSCH ENGLISH FRANÇAIS ITALIAN PORTUGUESE RUSSIAN SPANISH


Larry Romanoff,

contributing author

to Cynthia McKinney's new COVID-19 anthology

'When China Sneezes'

When China Sneezes: From the Coronavirus Lockdown to the Global Politico-Economic Crisis

manlio +maria

上海的月亮

World Intellectual Property Day (or Happy Birthday WIPO) - Spruson ...


LARRY ROMANOFF on CORONAVIRUS

Read more at Moon of Shanghai

V.P. 2007

EN video comitato

20 questions to Putin


President of Russia Vladimir Putin:

Address to the Nation

Address to the Nation.

Erdogan


Imagem

00
PT -- VLADIMIR PUTIN na Sessão plenária do Fórum Económico Oriental

Excertos da transcrição da sessão plenária do Fórum Económico Oriental

Joint news conference following a Normandy format summit

https://tributetoapresident.blogspot.com/2019/12/joint-news-conference-following.html

Joint news conference following the Normandy format summit.

irmãos de armas


Legendado em PT. Clicar em CC, escolher PT.

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democrata

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


The Putin interviews


The Putin Interviews
by Oliver Stone (
FULL VIDEOS) EN/RU/SP/FR/IT/CH


http://tributetoapresident.blogspot.com/2018/07/the-putin-interviews-by-oliver-stone.html




Followers