bf pic

TRIBUTE TO A PRESIDENT


NA PRMEIRA PESSOA

Um auto retrato surpreendentemente sincero do Presidente da Rússia, Vladimir Putin

CONTEÚDO

Prefácio

Personagens Principais em 'Na Primeira Pessoa'

Parte Um: O Filho

Parte Dois: O Estudante

Parte Três: O Estudante Universitário

Parte Quatro: O Jovem especialista

Parte Cinco: O Espia

Parte Seis: O Democráta

Parte Sete: O Burocrata

Parte Oito: O Homem de Família

Parte Nove: O Político

Apêndice: A Rússia na Viragem do Milénio


MANLIO

Thursday, March 26, 2015

Japanese -- ベンジャミン・フルフォードニュース 2015年 3月23日

ベンジャミン・フルフォードニュース 2015年 3月23日
Monday, March 23, 2015
BENJAMIN FULFORD REPORT 3-23-15

国際金融 システムには見過ごせない磁極変化が起きていて、古いカザリアンの悪魔共がこの世界からはじき出されている。3月20日に予言したよ うに、日食、スーパームーンの新月、春分と同時に、この変化は公に認められている。英国は米国から離れて中国が提案したアジアインフ ラストラクチャー投資銀行(AIIB)に参加し、ドイツ、フランス、イタリー、スイス、日本、オーストラリア、及びその他の国々もこ れに従った。

ペンタゴ ンのソースによれば、その後、ワシントンD.C.の米国企業政府は金の確保に失敗し、実質的に破産に至った。その結果、米共和国は AIIBと共に進むと宣言した。実際にはこれはBIS、世界銀行、及びIMFの管理主体が基本的に変化することを意味する。

この状況 についてIMF総裁のクリスティン・ラガルデは”もし二つだけ言葉を選べるとしたら、この瞬間での中国と世界の一体化は構造改革なの だ、。”と述べた。 3月22日にラガルデは北京でIMFと中国は”反腐敗の良い統治”と、”環境保全”の促進のために共同で働 く、”と述べた。彼女は”IMFは世界の舞台としてのここ中国のふるさとの地での中国の経済的努力のパートナーであることを誇りに思 う”として発言を締めくくった。言い方を変えれば、この、かつてはワシントンが支配していた機関が今新たな管理主体の下に入ったこと を彼女が公に認めたということである。


今起きて いる事は新機関の創立と古い機関の改革交渉がこれから数ヶ月間継続するいうことである。この意味で、西側諸国と日本はIMFや世界銀 行のような古いカバール構造を新たな管理主体の下におくために多くのことを行う必要がある。世界の金融システムと経済構造は”プライ マリバランス”の回復(つまりこれ以上負債を増やさない)、証券市場のジャッキアップだけでは済まされない危機に直面している。

解決策は (中国が行っているような)政府資金への回帰、負債の解消、及び資産の再配分でなければならない。以前述べたように、西側も負債を基 礎にした”開発銀行”を資産を基礎にした未来計画機関に変える必要がある。

AIIB に関する中国の提案は僅か500億ドルの拠出だが、支持が得られる良い提案である。世界は優れた能力を持つスタッフによる将来計画機 関が設立されれは年間7兆ドル規模には容易に達する可能性がある。このアイディアには多くの支持が見られ、その実施の時が塾してい る。

又、ある 種の世界的な連合の必要性も生じている。私たち全ては同じ海洋を共有し、同じ空気を吸い、同じ脆弱な惑星上に居住している。我々は、 専制的なギャングが支配する政府とは一緒にやっては行けないのだ

父親の代 のカナダの政治家や外交官が当時はまだカバールに支配されていなかった他の国々のリーダーと共に話し合ったように、我々は国際問題を 戦争や資源の盗取によるのではなく、司法的手段と交渉で解決する必要がある。これは相互の問題をウイン-ウインで解決する、村の長老 による世界的なコミュニティーを創ることを意味する。

これはカ バールが計画した新世界秩序奴隷キャンプと同じではない。各地域がその伝統的な自由と独立を楽しめる非常に緩やかな相互支持構造であ る。この新システムでは西側と東側のパワーバランスが常に50/50とする秘密協定が既に存在する。ペンタゴンのソースは中国、ロシ ア、インド、日本、米国及びその他多くの国々が結束して中国の派遣主義もしくはいじめの印には対抗すると示唆している。中国はこれを よく知っていて、20世紀を通じて中国自体が否定してきた世界の資源の共有だけを希望しているとしばしば繰り返している。

ペンタゴンは4機のノルウエーの戦闘機が伝えられ るところではロシアに撃墜されたことを明らかにした。何が起ころうとも、ロシア、中国、ペンタゴン、及び他の世界の主要軍事勢力は世界大 戦を始めたりはしない。如何なる宗教的な狂信者が起こそうとしても、これはあり得ないことである。

多くの脅 迫の試みが見られるが、これが平和と繁栄のカザリアン後の時代を今創り出すための障害にはならないように思われる。人間を家畜化し、 悪魔崇拝をする近親交配ヒクソス(カザリアン)ファミリーによる数千年にわたる奴隷化から人間は正に解放されようとしている。自分た ちの奴隷状態のシンボルとして数千年の間去勢(割礼)を強制されていたユダヤ人は解放されようとしている。

世界の金 融システムをかつて支配していたカザリアンの悪魔崇拝カバールファミリーはもはやそれを従えさせられない。複数のソースが言うには、 今年の4月3日から11日までのユダヤの過ぎ越しの祭りの間に第三次世界大戦を開始させようとの企みがあるとのことである。既に、” ロスチャイルドによるロシアとの核戦争の開始と言う企み”は阻止されたとペンタゴンのソースは言っている。合計6発の核兵器の爆発が 防がれたとこのソースは言っている。

しかし、 このレポートがユダヤ人や他の人々にたいして発表され、メールが配信される時点では、全ての原因が排除されたわけでなない。カザリア ンが支配する新聞では、これに関する多くの印が見られる。一つは”ヨーロッパユダヤ”が攻撃されると言う警告である。これらの攻撃 は”イスラム原理主義者”によるものではなく、ヨーロッパのユダヤ人が服従しないことに怒ったカザリアンに雇われた暴漢によるもので ある。

米国の日本大使であるキャロライン・ケネディーに 対する脅迫も非カザリアン支配の金融システムの確立を阻止しようとのカザリアンの作戦の一部だった。ミシェル・オバマが日本を訪問したの は英国王子チャールスがワシントンを訪問した同じ3月20日だった。ミシェルはチャールズ王子のワシントンでの条約署名の安全を保証する ための人質として連れてこられたと言うことは勘ぐりすぎだろうか

カザリア ンの昔からのふるさとであるウクライナとロシアについては極度の注意が必要になろうとしている。最も気がかりなことはロシア大統領の ウラジミル・プーチンのクローンだ。実際、ロシアのFSBのソースが当記者に言うには、最近のプーチンは実際には別の人物だとのこと だ。下記のリンクの、三枚の”プーチン”の写真を見て欲しい。

それぞれ の場合では明らかに耳が異なり、同一人物ではない。公開イベントでの安全のために代わりの者をたてたのか、あるいはコンピューターグ ラフィックにおる偽情報であることを希望するだけである。しかし、ロシアのソースが言うには、これらのプーチンは全て未知の企みをし ようと動いている秘密の組織に支配されているとのことである。それにも関わらず、このロシアのソースは、祖国を深く愛するロシア軍部 は騙されて世界大戦を始めるようなことはしないと言っている。

イスラエ ルのベンジャミン・ナタニャフがパレスチナとの和平を望んでいるとは信じないことを米国大統領のバラク・オバマが公にしたことは注目 に値する。これは平和合意に達し、すぐに平和がもたらされない限り、イスラエルが米国の支持を失いい、もはや重要ではなくなることを 意味する。

平和を希 望するとの50年に及ぶ嘘の後では、誰もイスラエルを信じはしない。イスラエルも全世界が彼らを破壊しようとしているとの自分たちの カザリアン支配者による宣伝を信じるのを止める必要がある。これはユダヤ人ではなく、実際にはバ・アル・セット、或いは悪魔を崇拝す る高位のギャングが関係している犯罪に過ぎない。

イスラエ ルとユダヤ人が学ぶ必要があるもう一つのことはゴイムのようなものは存在しないということである、神は私たち神の子である人を選ばな い。あなた方が選んだ唯一の者たちは悪魔崇拝の古代近親交配奴隷家畜ファミリーなのだ。あなた方は解放されようとしているのだから、 恐れる事は一つもない。世界はここにあってあなた方を助けるのであって、あなた方を傷つけようとはしていない。あなた方の長い、長い 悪夢は終わろうとしている。
Translator: Taki Chino

índice


“Copyright Zambon Editore”

PORTUGUÊS

GUERRA NUCLEAR: O DIA ANTERIOR

De Hiroshima até hoje: Quem e como nos conduzem à catástrofe

ÍNDICE

Followers

Google+ Followers