Wednesday, March 4, 2015

Japanese -- ベンジャミン・フルフォードニュース 2015年 3月2日

ベンジャミン・フルフォードニュース 2015年 3月2日
Benjamin Fullford Update
March 2, 2015Posted by benjamin

金融崩壊 が迫ってきているので、G7国家内部の最高権力レベルに危険なリーダーシップの真空域が出来てきている。 システムの完全な作り直しをしなければ、経済崩壊、大量饑餓、無政府主義、内戦が起きるだろう。反対に、もしもシステムが作り直され れば、世界の国々の生活水準は一年以内に二倍にもなり得る。鍵になることは世界の国々をバビロニア式の負債奴隷制から解放することで ある。この現実が理解出来ない人は、下記のリンクを参照されたい。

それから さらに下記は世界の負債奴隷化の程度を示す。

祝賀会を 開き、或いは世界中の公共であろうと、私的であろうと全ての負債を一気に解消することによって人間の生活水準は一年以内に倍以上に上 昇し得る。これを達成するための鍵はこのシステムを取り仕切っているシオナチ・カザリアンカザフではないギャングを降伏させるこ とである。

現在一般の人間の自由に対する鍵を握っているアメ リカ合衆国の内部では対決が見られる。今週第三次世界大戦を推進するためにシオナチ悪魔崇拝ギャング団のボスであるベンジャミン・ナタニ エフがワシントンに現れているのはこれを一気に終わらせる絶好の機会である。彼は収監するか倒すかされなければならない狂犬なのだ。


先週のレ ポートで述べたように、米国軍部は、世界の戦争のほとんどについて責任があるシオナチマフィアのCIA分派を打倒するのに必要な愛国精神と勇気をついに発揮した。先週ロシア及び中 国政府のニュースサイトは共に、シオナチの国内安全保障省とCIAがペンタゴンの支配下に墜ちたことを示した。ラッシャ・トゥデイからの引用である
米国の 国家情報局長のジェームズ・クラッパーと国防情報局のヴィンセント・エドワード中将USMC)はアメリカの安全保障及び関心に対する現在の、及び潜在的な脅威についての情 報社会の評価を公表した。

ここでの 関心事はCIA長官のジョン・ブレナンも、国内安全保障省長官のジェー・ジョンソンも情報 社会を代表していないということである。クラッパーとスチュワートが発行した証明書には、シオナチが操っていたエージェントが伝統 的に吐き出していた恐れを掻き立てる天災のようなものは見られなかった。

ペンタゴ ンは今911の陰謀を企てた者と大量虐殺者ナタニエフの逮捕によって始まったことを終わらせられず、イスラエルとサウジアラビア政府 を含むシオナチマフィア全体の無条件降伏を要求している。ユダヤ人はこのような動きによる数千年に亘る奴隷状態から解放されるだろ う。この世界は又、最大のテロリズム、戦争、及び地球上での悲惨さの原因から解放される瀬戸際にある。

世界の残 りの部分は既に決定的にシオナチギャング共に対抗する動きに入っている。

中東で は、フランスの航空母艦シャルル・ド・ゴールが米国の航空母艦部隊とイスラエルのISIS傭兵部隊の攻撃のために共同作業に入っている。ISISは又、南シリアから押し出され、イスラエルに戻っている。更に、イスラエルが 保有する400基の核ミサイルを発射する事による国家自殺を遂行するとのナタニエフの脅しにも関わらず、ユダヤ人は自分たちが傘下に 入っていたシオナチ奴隷システムに目覚め、更なるマサダ(ローマに攻められて大量自殺者を出した事件を起こそうとはしていない。そうではなくて、モサドなどのグ ループはナタニエフがイランの核脅威の証拠をでっち上げ、第三次世界大戦を起こそうとした証拠をリークした。別の言い方をすれ ば、中東はついに反セム人真の意味でのアラブを含む言葉の悪魔信仰のヒクソス・シオナチスを追放しようとしているのだ。

ヨーロッ パでは、ドイツに導かれているグループが大西洋からカムチャッカ半島太平洋までを推進している。これらの者たちはロシアのウ ラジミル・プーチンへのドイツとフランスの再接近の背後にいて、EUのような一枚岩的なネオソヴィエト構造を目指しているのではなく、むしろ調和し、相互に成長する国家の ヨーロッパを目指すことを鮮明にしている。

イギリス も反シオナチ統治を目指している。英国王子ウイリアムは先週始めた日本と中国訪問において、大ファンファーレで歓迎された。MI5のソースによるとウイリアムはアジアの金本位システムとロンドンのシティー ベースの金融システムの統合合意書への署名に来たとのことである。それに加えて、日本の皇室のソースによれば、ウイリアム王子は日 本に英国王室の相続人として来た、と天皇に挨拶をし、チャールズが王権を相続しない理由を説明したとのことである。中国のソースによ ると、象牙の輸入を禁止して、環境保全を図る英国のゴールに賛成の意を表明したとのことである。

ウイリアムがアジアにいる間に、ある者がバッキン ガム宮殿の窓から裸で飛び降りた。

MI5によると、この事件は宮殿で起きたのではなく、馬場で起きたことだとのこ と。しかし宮殿の保安担当者は王室に、児童性愛者の逮捕かそれとも金融システムなどの問題解決かを迫るメッセージを送っている事 は明らかである。

日本の政 治状況も米国で今起きていることに平行する幕切れに向かっている。一方では、バラク・オバマと繋がっている分派として、日本大使キャ ロライン・ケネディーとヤコブ・ロスチャイルドがある、とは日本の皇室関係者の言うことである。このグループは日本に於ける米軍の駐 留規模の縮小と小澤一郎の次期首相を一組にしたいと思っている。もう一つのブッシュの子分であるリチャード・アミテージとマイケ ル・グリーンが導いているシオナチグループは人形である安倍晋三を操っている。安倍は殺されるのを怖がるあまりに、言われたことに 従ってジグザグにしか進めない、とソースは言っている。

13 日には日本独立党が安倍はごまかし選挙で擁立されたとの訴訟の判決がある。日本の軍部のソースが言うには、安倍は日本でのカジノ設置 に関するスキャンダルで三ヶ月以内に失脚する予定とのことである。最近の日本訪問の間に、ギャングナタニエフはシオナチのカジノのボ スと米国共和党の人形使いであるシェルドン・アデルソンからの賄賂の味をきかせた脅しを行った。
, according to the Japanese military police.


日本の警 察も安倍がシオナチの主人を浮かばせておくために日本経済を不正に操作していた事実にようやく目覚めている。このことはシオナチが所 有する日経平均が高騰しているにも関わらず月の家計消費が5.1%下降している事実に反映されている。日本、米国、ヨーロッパの株 式市場は、負債奴隷から盗み取ったマネーのシオナチギャングへの横流しのための操りの結果を示すものに過ぎなくなっている。

これらの 状況が実際のものであるとして、日本独立党の党首のリチャード小清水は操り人形安倍晋三の代わりになるダークホースになるかもしれな い。日本独立党は日本に於けるペンタゴンの勢力を維持し、自由なアメリカ人と世界の残りの人達をシオナチの奴隷制から救う仕事をして いる。

最初に仕 事を終えるのはペンタゴンであるとの印が見られる。下記のリンクに示されているイメージは米国内で進行している大きい軍事行動を示し ている。http://www.allnewspipeline.com/Massive_Preparation_At_Army_Depots.php

シオナチ に対する米軍の動きは金融システムの一時的な閉鎖とインターネットの閉鎖をも含むものになるだろう。このような場合にはシステムの再 立ち上げまでの間の食料、熱源、ガソリンなどの必需品の確保のために大規模な輸送努力が必要になるだろう。米軍には自分たちの仕事は 平均的なアメリカ人の内外両方の敵からの保護であることが分かっているスタッフがいるのでファシストや大量虐殺政府になる前触れでは ない。権力を奪ったギャング共を排除し、人民の手に権力を戻すのは、単なる警察の仕事なのだ。これは通貨の創造、配布のための最も基 本的な権利の返還による負債奴隷制度の終了を含み、人々の政府、人々による政府への変更という将来を決める。

一方、も しも残りの世界、特に債権国を先導する国々が実力者による新しい将来計画機関を支援すれば、世界中で作戦を遂行している米軍に資金を 与え、新しいミッションへと再展開させるであろう。これはこの惑星上の全ての生物を保護し、宇宙探検を可能にするだろう。

西側の古 いリーダーシップと経済構造は機械的な崩壊の方向に進んでいることが覚えておくべき鍵なのだ。西側の文明が崩壊するのを恐れを抱きな がら見守るのではなく、遅すぎるようになる前に、私たちは今行動しなければならない。


Translator: Taki Chino

PUTIN AT VALDAI

Putin at Valdai 2017 - PT from Roberto Petitpas on Vimeo.


FULL TEXT OF THE ORIGINAL SPEECH WRITTEN AND PRONOUNCED BY VLADIMIR PUTIN AT THE VALDAI DISCUSSION CLUB ON OCTOBER 19, 2017 -- A TRUE HISTORIC DOCUMENT

# NO WAR #NO NATO

# NO WAR #NO NATO

Sostieni la campagna per l'uscita dell'Italia dalla NATO - per un’Italia neutrale.




FIRMA QUESTA PETIZIONE SIGN THIS PETITION ПОДПИСАТЬ ЭТУ ПЕТИЦИЮ


NATO MEMBERS:

AL - SIGN THIS PETITION; DE - UNTERZEICHNE DIESE PETITION; BE- SIGNEZ CETTE PÉTITION; BG - ПОКАЗВАЙТЕ ТОВА ПЕТИЦИЯ; CA - SIGN THIS PETITION/SIGNEZ CETTE PÉTITION; HR - ZNAJATI OVAJ PETICIJU; DK - SIGN DENNE PETITION; SK - PODPORUJTE TÚTO PETICIU; SI - PRIJAVITE TO PETICIJO; ES- FIRMA ESTA PETICIÓN; EUA - SIGN THIS PETITION; EE - SIGN THIS PETITION; FR - SIGNEZ CETTE PÉTITION; GR - Υπογράψτε αυτήν την αναφορά; NL - TEKEN DEZE PETITIE; HU - ÍRJA ALÁ EZT A PETÍCIÓT; IT - FIRMA QUESTA PETIZIONE; ISL - SIGNU ÞESSA PETITION; LV - PAZIŅOJIET šo PETITION; LT - PADARYTI ŠĮ PETŽIĄ; LU - REGISTER DIR PETITIOUN; NO - SIGNER DENNE UNDERSKRIFTSKAMPANJEN; PL - PODPISZ TĄ PETYCJE; PT - ASSINE ESTA PETIÇÃO; GB - SIGN THIS PETITION; RO - SEMNEAZĂ ACEASTĂ PETIȚIE; CZ - Podejte tuto petici; TR - BU DİLEKÇEYİ İMZALA


PUTIN




AVAILABLE IN FRENCH, ROMANIAN, PORTUGUESE




2017 FSB Meeting - EN from Roberto Petitpas on Vimeo.



putin